国交省が「建設女子」をサポート?!人手不足のカバーなるか




建設女子!?

ニュースに疎い私は初耳なのですが

木工女子・DIY女子・農業女子だけでなく

建設女子なるフレーズがあるのですね^^;

何でも女子をつければイメージアップ…。。。

 

ヤフーニュースで拝見しましたが

国交省が建設業で働く女性をサポートするための

ネットワーク組織を立ち上げるそうで

建築業界の人手不足の緩和にと

 

女性が建設業で働きやすい環境づくりに

取り組むらしいです。

 

  • 結婚・出産・育児と女性の休暇や復職支援
  • トイレや更衣室の整備

 

なるほど…

私は女ということで門前払い

トイレも汚かった 笑

でも私はそこは仕方ないと思ってたなあ。

 

でも、そういう障壁が減ると女性は働きやすいですね

そりゃきれいな方が嬉しい。

 

 

現場になれてしまった私にしては

整備はいいから工事の単価上げたほうが?!

なんて思うのですがそれは女性を捨ててるから!?

っと私のことは置いといて…。

 

男性でも女性でも若手の育成が大事かな…とも考えます。

女性という括りではなく今までより

業界が良くなるための施策であれば

それは有意義な人手不足解消の支援となるでしょう

 

 

女性職人・女性技術者が

どんどん建築現場・建設業で働きやすくなるというのは

良いことだとは思います。

 

結婚したら家具職人辞めるだろう

 

と言われ意地になった私は

男性と同等に働いてきて

今だ独身なのですが

 

このような支援がなくても今現在、

子育てしながら建設業をされてる女性、

いわゆる今の言葉で建設女子さんは

すごいなあと思います。

 

前に知り合いの農家さんが

女性で初めてその地方銀行の営業成績がトップになり

(結婚もして子供もいた)

それが認められて今後の女子行員の出世につながった

という話を聞いて

 

そういう先輩がいるからこそ、

女性が働きやすくなっていると

社会全体の女性先輩に感謝しています。

 

あとは支援に甘んじること無く

女性個人個人が自分の仕事を

しっかりと全うすることですね。

 

正直男女の差って絶対あるので

平等というわけにも行かないこともあるし

女性が邪魔なときもあるんですよね。

 

女性が本当に建築現場・建設業で働くには

色々ありますので逆に変なトラブルが起きないことを

おばさんはそっと見守ります^^;

さらに言うと冬の現場ってすごく冷えるので

妊婦さんは不向き、危険です。

夏は汗だくメイクは落ちるし

ネイルなども正直材料への傷やケガのもと。

私はノーメイクでノーアクセでした。

 

ってどっちの味方なんだ!?私は。

いや、私は女性が増えると嬉しい。

でも、一応現実も…。

改善ということで今ある状況から

変わっていくきっかけになるのであれば

良いなと思います。

私達の時はこうだったとかそういうことじゃなくて

これからどうしていくと定着率が良くなるのかに着眼ですね。

 

って家具職人は現場取付や施工に行くとはいえ

建設女子には含まれてないか…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ