高校2年生の家具職人を目指す女性からのメッセージ




私のブログ更新の活力でもあるメッセージ。

今日は高校2年生の女性から頂きました。

こうやってブログで共通点を見つけてくださり

夢を持つ若い方からメールいただくと気が引き締まります。

desk2

私は今年高校3年生になって就職活動をする者です。
~中略~
就職希望は木材加工で、幼稚園のときから家具づくりや大工など木材加工を一筋に想い続けてきたのですが昔からまわりの人に反対され続けています…
母と2人で暮らしこれからの生活がどうなるかわかりませんが母は私がしたいことをすればいいと認めてくれており、とにかく辛くても自分の夢を叶えたいと強く思っています。
そんなときにKYOKOさんのブログを読んで、もっと詳しいことを知りたいと心の底から思い今回メルマガを登録させていただきました。
ちなみに、漫画の影響で、私も高校生になってからイタリア語をかじっていて、KYOKOさんに共感できる部分が多々あってとても親近感がありました。
夢を叶えるヒントとして是非家具職人のことについてもっと教えてください!
長文失礼しました!

言葉使いも丁寧。

逆に、年配の男性のほうが

タメ口でメールしてきたりするので

(そういうメールは無視しています)

高校生でも立派だと思います。

前に頂いた中卒の10代のOさん女性も丁寧でした。

 

私は優等生じゃないので軽はずみな発言で

悪い手本にならないと良いなと思いつつ…

共通点があるのでいつものように老婆心で返信しました。

こんにちは。はじめまして^^たまたまブログを見つけてくださり共感メッセージありがとうございます。

お母様が認めてくれているなら挑戦できますね。モノづくりって色んな邪念を抜きに集中できるので良いと思います。
お母様と二人で生活のこともあると思いますがイキイキしているのが一番です。私も父がいないので最初は自力で食べていくために住宅販売の仕事をしたりしました。
※当時家具職人は男性の仕事で自分が職人になれるとか想像もできなかったので。
転職を決めた時に周りに反対もされました。それは私のことを思ってかはわかりませんが一般的なルールに反しているからというのもあります。バカとか非常識とも言われました^^;。ですが母もストレスが溜まるくらいなら好きなことを仕事にして会社に依存せずに手に職をつけなさいと言ってくれたことだけで突き進めました^^応援しています。またメッセージ下さい

私には人を幸せにする器はありませんので

無責任なことはいえませんが

こうやって一方的なボヤキブログに

共通点を見つけてくださり

共感をしていただいたり

時折反論や批判があったりという

コミュニケーションが日々ある中、

少しでも誰かの役に立っていると嬉しいです。

プライベートの私はアホですが

仕事ではきちんと。(ホントかな!?)

 

私こんなことして暇人じゃないの?仕事してないんじゃない?

と思う方もいると思いますが

なぜ合間を縫って家具の相談以外に

ライフスタイルの相談も受けているのかの真意は

改めてメルマガにでも記載しようと思います。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “高校2年生の家具職人を目指す女性からのメッセージ”

コメントを残す

このページの先頭へ