質問・秋山木工はブラック企業ですか?家具職人修業にどうですか?




家具職人を目指したい方からメールをいただきました。

家具職人を仕事にしようと思います。修行できるところを探していると秋山木工というところがあることを知りました。いろいろ調べているとガイアの夜明けやヤフーニュースなどで取り上げられている有名なところだとわかりました。

知れば知るほどブラック企業だと思うのです。自分は行きたくないと思いました。職人の修行は厳しいといいますが労働基準としても今の時代にあってない気がします。家具職人の修業にいくことをどう思いますか?

と…

質問・秋山木工はブラック企業ですか?家具職人修行にどうですか?

メールをいただき、家具業界がブラックだなんて思わないので驚きました。正直なところ、私は秋山木工さんのことを存じ上げないですし、実際に修業したわけではないし労働基準局でもないので回答をしかねるのですが…

思うことは、まずは嫌ならそこに行かなければいいのではないかなということです。

どんなことをしますと提示している中で自分が嫌だとか向いていないとか、間違えているのではないかと思うのであれば、自分の望むところを探し直すことが得策ではないでしょうか。壁にぶつかったときに必ず不満が出てきますしやめる理由になってしまいます。

それでも思うような修行先が見つからなければ自力でやってみるしかないかなと…未経験で修業の身で、絶対食べていけるようになろう!という思いがあると、きっとどこにいても同じように時間を費やして勉強をするように思いますが…。

私自身、自分が修業の身の時は時間が足りませんでした。朝一番早くいって夜遅くまで残り、休みの日も技術が向上するにはどうすればいいかということに支配され、自主的に、覚えることをしてきたので質問者さんと感覚が違うかもしれません。ブラックとかそういうことは思いませんでした。

私がもし、ブラックではないですよといっても嫌な人には不満があるでしょうし、私がブラックですねえといっても行きたい人は行くと思いますし、技術を身に着けるというのは労働基準と照らし合わせると発言も難しい…。

俳優業でも美容師でも料理人でもプロのスポーツ選手でもなんでもそうですが時間外労働や練習、上下関係に厳しいことも未だにあってそれを乗り越える人もいますしやめる人もいます。みんなと同じように、といったスタイル以上のことを望んで自らやっている人が残っていると思います。

それをおかしいといわれたら、そうかもしれないし、時代にあってないといわれたらそうなのかもしれませんし、私が気が付いていないだけかもしれません。でも未来につながるのだとは個人的に思います。しかしこの質問者さんが時代に合うのがないと思うのであれば現状無いものは仕方ないので他者依存ではなく自分で道を作り出していくと需要は出るかもしれないですよ。

ただ、個人的に、技術習得に夢中になれた時期は怒られても時間がかかっても自分が悪いと思ってやってきた時期は他人や会社のせいで苦痛になっているとは思いませんでした。自分の能力のなさには心が病んでいましたが…。それを休めとか働きすぎだと第三者にいわれても、自分自身が遊ぶ気持ちになれずそわそわしていたものです。(この感覚がおかしいのでしょうか…。)

質問に対し直接的に回答ができませんでしたが何かしらの参考になればよいと思います。どんな選択でも真剣に取り組めたら道は自分で開いていけると思います。

家具職人といっても、店舗什器、フラッシュ家具、組み立て家具、無垢、いろいろありますのでどんな職人になりたいのかということでも違ってくると思うし、今はすし職人の修業も3か月でよいといわれることもあったりします。ですが10年以上必要という人もいまだにいます。

修業といっても仕事の本番で経験を重ねないといけないので、それであればぶっつけ本番で緊張感を持ちながら失敗もたくさんして短期間のうちに数をこなしていくと早道になるかもしれません。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ