CADでの家具図面の書き方がわからず外注に助けてもらいました




私は恥ずかしながら未だに手書き家具図面。

(私がCADを触らなかった要因は後で記載します。)

4月から3DCADでの家具図面の書き方も勉強しようという予定でしたが4月1日、いきなりぶっつけで施主さんと設計事務所の承認得るのにCAD図面が必要になり勉強前なので焦りました^^;

CADでの家具図面の書き方を教えてもらう予定の知人にどんなソフトがいいかなと相談したらフリーソフトでも覚えるのに少し時間がいるし、急ぎなら僕が書きましょうかと言って頂き、家具図面を外注しました…

ありがたき人脈で助かりました。

はぁ…去年から勉強しようと思ってたのにあと伸ばし…呑気にしてたら危ない。でもマンパワーでは補えない部分は周りに助けていただき感謝です。こうやって大事な周りの仲間と良い仕事をしてける大切さを実感。そして、本来自分でも書けるようになるためのCADでの家具図面の書き方も勉強します。

通常設計事務所から頂く家具図面は外寸や材料などが掲載されていますが、それだけでは家具は作れません。外寸を拾っていき、家具図面では細かい寸法を入れていきます。(材料の厚みや扉の割り振りなど)そしてその図面を家具職人が見てそれぞれのやり方で家具加工図面を書きます。

家具図面

私は自分で家具図面と加工図面を書くのですが、手描きで書くのでこれからは相手先によってはCAD図面が必須のこともあるのでCADで書けるようにならないとなと思っていて月日が流れてしまいました。勉強することいっぱいだな。といいましても…むか~し(18歳の時)設計事務所でAUTO CADを1ヶ月位触ったのですがそこの社長に結構なセクハラをされ、(当時は誰にも相談できず泣き寝入りしましたが今なら訴えれる…)苦い悔しい思い出を消し去ったので、CADには拒否反応があって覚えてないです。。。パソコンが嫌いというのもきっと根本はここにあるかも?!

でもそうも言ってられないしそんなのは言い訳なので過去はリセットして必要なことは勉強します。あれもこれも出来ないのでまずは家具図面に必要最低限の操作だけ覚えます。もちろん3Dで家具図面を書けるようになりたい。ホームページや画像編集は何とか出来るようになったのでCADもやれば出来る!進化した時にこの記事を読みなおすのが楽しみです

自分で書きたい理由はお客様に言われてすぐにサクサク仕事ができるから。これが外注だと、手が空いてない場合、待たないといけない、そういう機会損失を防ぐために最低限の操作だけは身につけたいのです。木工でも、手作業と機械作業の両方習得していると機械が壊れた時に何とかできるからというのと同じです。あとその人がいないと仕事が進まなくて困るってことになる依存もダメなので。最低限でも知識を。

ただ、何もかも自分ですると仕事の効率も悪いので、様々な仕事を信頼できる人に外注としてお願いして全員が特技を活かして良い仕事が出来る環境も築いていかないとなと思います。マンパワーでは出来ないことはビジネスパートナーとして対等にやっていきたいですね。そのために私も良い仕事を常に心がけます。

P.S

  • 家具を自分で販売する方法を知りたい
  • ブログの運営方法を知りたい
  • 集客方法を知りたい

など作るだけではなく販売部分での

お悩みをお持ちでしたらお聞かせ下さい

個別家具販売相談フォーム

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ