オーダー家具の見積り時点でキャンセルされてもOKな理由




私はブログ経由で

オーダー家具の見積依頼をお受けしていますが

必要な家具のイメージをしっかり打ち合わせするために

何度も何度もメールのやり取りをすることになります。

予算と希望の材質などなるべく理想に近くするために

色んな修正を重ねていくのですが

 

どうしても予算にあわなくて

材質を落としたりすることもございます。

その中のやりとりで

 

そうだねここはそこまでしなくていいね

とコストダウンをご納得いただける場合には

問題ないのですが

 

どうしても譲れない仕様が予算が合わずに

ちょっと妥協した仕様になることもあります

そうするとやっぱりキャンセルしたい

安くしてくれないかな?と思ってくると思うのですが

 

中には、

今までやりとりして親切にしてくれたのに断ると申し訳ないからと

妥協したままご注文しなきゃいけない…と

思い悩んでしまう心優しいお客様がいます。

メールのやり取りでもなんとなく文面で感じ取れます。

ですから私は、いつも一旦考えなおしていただくことにしています。

妥協してオーダー家具を購入するのは良い買い物とはいえない

住宅販売をしていた時に見てきた光景でもそうですが

自分が気に入っていない所も営業マンに言われて

流されるまま購入した方は必ずと言っていいほど

何かの不満があり購入したと言うより買わされた

と思ってその営業マンや販売会社のことが疎ましくなります。

cancel

しかも簡単に買い換えられるものでもないので

ずっとストレスになるのですね

 

それと同じでオーダー家具というのも

既成品よりもちろん高くなりますし

思い入れのあるものになります。

 

ですから妥協して中途半端にお支払いをし

満足度が低い場合には値段が高く良い品質ても

本人にとって良い買い物をしたと言えません。

 

知人もそれで注文住宅建てた時に

設計の先生に何も言えなくて

後悔していて、そこが私の中でも

心に刻まれているんだと思います。

 

作り手の方もやっぱり心に引っかかりが出来ます。

これは私だけではなくて多くの作り手がそうなのですが

直接お客様に販売する家具に関して

満足度の高いお取引をして気持ちよく引き渡しをし

その後、長く付き合いたいと思っています。

もしクレームがあっても全部の責任が自分にかかるので

最初からクレームになるような仕事は受けません。

 

ですから売れればいいといった営業マンとは

ゴリ押し度が低いのも、作り手の特徴で

ガンガン売ることが出来ない

デメリットでもありますが最終的には良い点だと思っています。

売りつけて儲かったお金で食べる焼き肉より何も売らなくてモヤシを食べるほうが美味しい

売れなきゃ食べていけない。

これは事実です。

 

 

そうすると恥ずかしい話…

ご飯はモヤシだけになることもあります。

モヤシを炒めたりゆでたり…。

結構お腹いっぱいになるんです 笑

 

当然美味しいご飯を食べたいですが

無理やり売りつけて儲かったお金で焼肉食べても

文句言われたりリピートにつがらないので

美味しく味わうことが出来ません。

 

それなら何も売らないで収入がピンチで

モヤシに焼肉のたれをかけて食べるほうが美味しいです。

っとこれは私だけかもしれませんが…。^^;

 

モヤシを食べながらいろんなことを考え

農家さんにもらったキュウリをかじりながら

また良い仕事ができるチャンスを…

と他に仕事しながらも今まで何とか築いてきました^^;

当然、精神的にも追い込まれます。

収入がないというのは地獄です。

これ経験しないとわからないとは思いますが…。

 

渦中の時はこんなこと人に言えませんでした。

だから人付き合いもせずジーーーーーっとしてました。

 

でも目先のお金を追い

雑な仕事をするより良かったのです。

今はちゃんとビールも飲めますし♪

 

無理やり売りつけない、それを守り

食べていけないならなんとか他でしのいで…と

そのおかげで家具に関しても継続でき

お客様も私もお互いに満足のいくお仕事を

続けることができています。

 

ですから、正式申込をいただき

製作を開始している段階では無理ですが

(材料を発注し材料代が発生しているのでご了承下さい)

 

オーダー家具の見積りの段階で

合わないのでキャンセルしたいなあと思ったら

他店はどうかわかりませんが

私の場合は正直におっしゃって下さい。

 

 

時折…値段だけが知りたくて

見積もりに対し何の返事もないこともございますが

それだけは悲しいので返信だけはください^^;

 

因みに私が尊敬する法隆寺の西岡棟梁も

寺社建築の仕事がなくて仕事に困っても

畑を耕したり、小物を作ったりしてしのぎ、

絶対に民家を建てる仕事はしなかったそうです。

 

P.S

このブログをやっていて

同じ境遇の同業者の先輩方から

ご覧いただきメールを頂くことが増えました。

感情的なブログにエールをいただき有り難うございますm(_ _)m

order

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ