質問・デザインの専門学校から家具職人になるのは無理ですか?

読者様からの質問です。前回は田舎暮らしをしたい…といった内容に関する相談でしたが、今回は家具のことです。

はじめまして。僕はプロダクトデザインを勉強しています。デザインを学んでいくうちに、作るほうに興味がわいています。以前おススメしていた書籍に、西岡棟梁の本があり購入して読んでみましたが、座学で勉強している人は職人には向いていないといったような言葉がありました。デザインから入っても家具職人になれますか?無理ですか?

質問・デザインの専門学校から家具職人になるのは無理ですか??

西岡棟梁の言葉は真実味を帯びているものがあります。頭で考えたり、数字で答えを出す座学と違い実際に向き合う材料などから経験や勘で自社をくみ上げていく宮大工さんの世界のお話ではありますが、家具にも似たような部分はあります。

しかし、勉強していることに関しての無駄はないと思います。現在有名な大工さんの集う会社では全員エリートの大卒ばかりで作れるだけではだめだという方針で見積もりから設計から全部社内で行いすべての人がすべてのことをできるように教育されているようです。

時代の流れや、勤める先の仕事、自分の目指すものによってはデザインを学んでいた方が有利のこともあるし役に立つことも非常に多いと思います。職人の中では、家具作りを知らない人が書いたデザインのものを嫌う傾向があるので、デザインを勉強しているということでデザインと実際に作るのは違うのだ!と言われることもあり、

雇う側からした場合に、例えば木工所だったとして面接をした場合に、あなたがしたい仕事とは違うと思いますよ、うちは作れと言われたものを作るのでデザインをした家具を作るわけではありませんから、辞めるのではないですか?と決めつけて思われることもありますが

だからといって無理、ということではなく作ることと描くことの融合ができればよいのではないかと思います。独立したらデザイン力というのは助かりますし、無理か無理ではないかはご自身次第だと思います。出来るためにどうするか?と考えると道は開けますよね^^

余談になりますが私はデザインセンスがないので羨ましいです…。すぐにどうやって作るか?ということから考えてしまうので自由なデザインができないのです。作ることを知らないうちはイメージはいっぱい浮かんだのですが今考えると、作ることを知らないからこそできるデザイン、そしてそれを形にすることを考えるのが職人という分業で成り立つこともあるのだなあっと。

ただその観点をすべてできるように一貫しようとしているのが現代の流れでもありますね。

答えが出せませんが、シンプルな回答でいうとデザインの勉強をして家具職人になるというのは無理ではないし、他の業種の勉強でも同じく、家具職人になるのに資格はないのであとはご自身次第だと思います。私ももっと勉強しなきゃなあ…


お題を受け付けています。

あまりにも関係ないことやイタズラ以外は
メルマガもしくはブログで回答します。
直接の返事は基本的に行いませんので(名前も書きません)
気楽に問い合わせフォームよりどうぞ^^

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ >
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ