扉の作り方・プッシュオープンラッチ使用事例


【LAMP】スガツネプッシュラッチのシングルタイプを扉に使用

の続編になります。

扉にプッシュオープンラッチを取り付け動きを動画に撮影しました。

扉の作り方・プッシュオープンラッチ使用事例

動画では金物が取り付けやすいように逆さまにしていますが、基本的には底板に取り付けするとラッチ本体が障害物となり収納しにくいので天板側にラッチを取り付けます。


天板に扉の厚みとマグネットの厚みを引いた位置にラッチを取り付けます。

今回インセット扉で本体より1mmくらい中に入る位置で扉の位置を決めていますので、扉を閉じたときに、吊元の入と同じ位置になるようにラッチの取り付け位置をしっかり算出して固定します。

押すとポンと飛び出します。

この場合、押すと飛び出してくるようにスライド丁番はキャッチなしのタイプを使用します。

プッシュラッチ扉は取っ手がないフラットな扉にしたい場合や、キッチンなどでスムーズに効率よく扉を開閉したい場合や扉を開く力が入らない場合に便利です。

ただ幼児がいるご家庭で手の届きやすい場所に設置する場合には、動きが面白く夢中になって開け締めをして怪我をする恐れや中の収容物を取り出したりすることもありますのでご注意下さい。

DIYで人気の電動工具や木工機械

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ