トリマーを使ったメラミンの目地払いと速乾ボンドで木口テープを貼る事例


現在メラミンを使ったオフィスビルの家具の机と棚が一体となったL字型のデスクブースを製作していて、メラミンを使っているので製作事例を元に、DIYでメラミンを使用する場合に参考にして下さい。

扉のリメイクやカラーボックスリメイク、本棚のリメイクや天板のリメイクなどに応用できます。

トリマーを使ったメラミンの目地払いと木口テープを貼る事例

メラミンを使ったDIYに関しては

関連記事も併せてお読み下さい

DIYでアイカのメラミン化粧板を家具に貼る方法

家具のリメイクDIYに通販が増えたアイカメラミン化粧板もあり!

まず、速乾ボンドを張り合わせる両面に塗布します。※今回は本体の天板とメラミン化粧板の裏側に塗布。

できる限り表面に傷がつかないようにメラミンにフィルムを張ったまま作業しています。実際納品する際にはフィルムを剥がしすべての筋をして出荷します。

天板とちょうどにすると歪んだ場合に、梁直ししたり汚くなってしまうので、メラミンを少し大きめにカットしておくことで真っ直ぐに貼れなくてもすべての面にメラミンがかぶるので、あとははみ出た部分を目地払いするだけできれいに仕上がります。

今回、はみ出たメラミンをトリマーを使って目地払をしました。

ビットはべアリング付きのストレートビットです。


わかりやすく途中で止めてみました。トリマーのビットがベアリング付きなのでベアリングがガイドとなり、下の芯材に沿ってメラミンがキレイに目地払いできます。

削り口をデコラガンナもしくはサンドペーパーでまっすぐに整えて、速乾ボンドを塗布します。

使った速乾ボンドはメラミン化粧板を販売しているアイカ工業のエコエコボンド業務用。

アイカのメラミン化粧板の同色の木口テープを購入し、木口テープにも速乾ボンドを塗布して乾燥するまで待ち、乾燥したら木口面に貼り目地払をします。

これで、木口のフラッシュ下面がきれいに隠れました。

木口が見えている麺は全て木口テープを貼ります。

このように木口を同色テープにすることで1枚のパネルのように見えキレイになります。

今回、木口テープでしたがメラミンを割って木口に貼り、トリマーで目地払いをする際も同じ工程です。

 

木口面を貼るときにはしっかり目地払をして引っかかりがないようにきれいに仕上げましょう。手を引っ掛けて怪我をする他、引っかかって面がめくれてきたり割れる原因になります。

目地払いをするときは表面材を傷つけないように気をつけて下さい。

木口テープは色んな種類があります

突板やシナ合板のフラッシュパネルの場合にはシナテープがあります。

シナロールテープ厚さ0.6mmx巾21mmx長さ10m 0.08kg DIY エッジテープ・木口仕上・突板粘着テープ・純木テープ・エッジ用ウッドテープ・シナ粘着・しな

手触りをソフトにしたいときはパネフリバンドのソフトエッジ、マーブレットなども使われます。

MW43-4311 幅33mm 厚み2mm 30m巻 マーブレットS パネフリ工業 木口テープ 小口テープ エッジテープ

アイカのメラミン化粧板やポリ合板を使用する際には同色テープがアイカ工業にあるので統一感があって色の微妙な違いの違和感もなく美しく仕上がります。

速乾ボンドはDIY/家庭用の小さいサイズもネットで買えます


コニシ:速乾ボンド G10Z 500g #43050

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ