タンス・引き出し(チェスト)の作り方・DIY基礎講座


タンスを自分で作りたい

子供用のチェストを作りたい

本棚や収納箱は作れるけど

引き出しの作り方がわからない

タンスの自作は難しいとお考えの方は

コツさえ分かれば

難しくないのでぜひDIYしてください

※私も姉の婚礼ダンスや赤ちゃん(姪っ子)の

誕生日祝いにタンスを作りました^^

引き出しdiy

タンス・引き出し(チェスト)の作り方・DIY基礎講座

タンスのサイズを決める

使う人・使う場所・収納するものによって

タンスのサイズを決めます。

引き出しの中に入れるもので決める場合は

内寸から算出しましょう。

 

オフィス家具等の

A4雑誌やファイルをしまう際には

特に注意をしてください。

チェストに使う材質を決める

タンス・引き出し(チェスト)の作り方

ホームセンター等で手に入る

プラスティックの引き出しではなく

木材で作る際に

無垢の板の場合は

板の反りを考慮する必要も出てきます。

引き出し部分は見えないからと

ベニヤ板にするケースも有ります。

 

底板は基本的に2.5mmの板が

使われることが多いです。

タンス・チェストの材料を購入する

タンス・チェストの材料が決まれば

ムダのないように計算をして材料を

揃えていきます。

 

  • 本体の材料(集成材や無垢板など)
  • 引き出しの材料
  • レールを使う際はスライドレール
  • 取っ手
  • 潤滑剤(スプレー・ロウ)

を揃えます。

取っては前板の下端に

手ジャクリを入れて

見た目をスッキリさせる仕様もあります。

※別の記事で動画解説いたします

タンスやチェストの製作・設置

タンスを作る際には本体を作り

そして引き出しを本体の内寸に合うように

作りますが、この時にスライドレールを

取り付けする際には

スライドレールの厚みの計算をして

箱を作る必要があります。

↑このハーフェレのスライドレールは

約2.3-2.4cmほど内寸を引いて製作します。

スライドレールによって厚みが違うので

お気をつけ下さい。

※引き出しの作り方・レースの取り付け方は

 別の記事にて記載していきます。

ネジを使わない簡単な引き出しの作り方例

⇒ タンス・引き出しDIYカテゴリ記事一覧

DIYで人気の電動工具や木工機械

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

DIY教室メールレッスンの無料会員登録はこちら

DIYの方法や家具作りのポイントなど

メールマガジンで随時追加情報のお知らせをいたします。

メルマガレッスン読者さん限定の動画などもお届けします^^

登録 解除
*メールアドレス
*名前 ニックネーム可

携帯のアドレスでは届かないこともございます。ご登録後、迷惑メールなどに届いていないかご確認ください。出来る限りPCのアドレスでご登録お願いします^^

このページの先頭へ