人のDIYを批判し初心者に無理だと楽しみを奪う人


DIYのテレビ番組やリフォームのテレビ番組を観て興味を持った人たちが増えてくる昨今。DIYのやり方を知りたい人が増えてネット上の質問コーナーでもDIYに対する質問など見受けますね。

その中でも攻撃的な回答で質問の趣旨と違い、あなたには無理です、DIYの勉強してからしなさいなどという答えも

人のDIYを批判し初心者に無理だと楽しみを奪う人


何の世界でも趣味って初心者から始まるわけなので…頭ごなしに無理だと言うのも悲しい現象。勉強したいから聞いているということもあり。攻撃されると萎縮するもので楽しみを知る前にあきらめてしまいますよね^^;

これって家具だけではなくメイクや料理、服作りにもあって、YouTubeで料理やメイクを披露している人を批判する人って少なからずいます。お金儲け目的というのがミエミエだったり素人がプロのふりしているというのであればそりゃ鼻につきますが…

料理もメイクもマラソンもゴルフもサーフィンもスノーボードもプロがいて趣味の人もいて、危険と隣り合わせだけどそれぞれが怪我をしないための勉強をしたりリスク回避を意識しながら始めるわけで。

DIYも怪我と隣り合わせで危ないけども、趣味で楽しみたいと思って興味を持った人に無理と言って入り口を締め出すこともないと個人的に思うのです。このブログにも他人のDIYの文句を関係のない私にコメントしてくる人もいて何だか関係ないのに悲しくなります。

もちろん怪我をしないために道具の使い方を学ぶことは絶対に必要。そして趣味で学ぶときの姿勢も大事。WEB上で得られない技術に対して、プロの時間を無償で奪わないということも大事だと思います。学ぶならちゃんと教室に通うとかそういう敬意は必要ですね。

美容師さんにタダで髪の毛のスタイリング教えてといってるのと同じなので…

趣味で怪我をして日常生活に支障をきたすこともあるので十分に十分に気をつけてください。これはどんな趣味でも同じなのですけど。木工の道具は刃物が多いので怪我をすると取り返しの付かないこともあるので…。

こんな記事を書いたから私も批判されるかも…

DIYで作った家具を販売する副業(複業)という働き方もあり

でも、趣味のDIYが増えたからといって本業の人の仕事がなくなるというのとは違うと思うので、プロはプロなりに仕事を貫き信頼ある仕事を積み重ねようっと逆に良い刺激になってスキルアップに繋がる良い効果もあるのでは無いかと思います。

自分も家具職人を目指すときに 

どうせ無理
お前には無理

と、チャレンジする前にかなりの人に言われたのでどうしても頭ごなしの無理無理でチャレンジの芽を摘むことに敏感なのかもしれませんね(笑)

TEDに立たれた植松電機の植松さんのスピーチが感動したのを思い出します。

「どうせ無理」という言葉は、人の可能性を奪います。興味を持たなくなり、やる前に諦め、考えなくなってしまいます。 「だったらこうしてみたら?」という言葉は、人の可能性を広げます。やったことが無いことに挑戦し、あきらめず、より良くを求めるようになります。

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ  

このページの先頭へ