介護で手すりをDIYをする前にケアマネに相談


母が要介護認定され、リハビリ病院を退院後に実家に戻ったら玄関やお風呂や廊下に手すりを取り付けるなど介護リフォームが必要になります。

以前、親の介護用DIYで手すりを取り付ける際の高さ
の記事で実家の階段に手摺をつけていますが、実際の症状により個人個人で必要箇所って変わりますね。

介護で手すりをDIYをする前にケアマネに相談


私の場合、母が1階で生活ができるようにするために、2階で就寝していたのを1階にするとなるとベッドをこっち向きにおいて手すりをこうつけて、、、、こたつに入りたいといってたからコタツを置くとしたらテレビはここがいいか…など考えていたのですが、弟いわく、

ケアマネージャーが母と面談をして現状の体の様子や生活できるレベルによって介護リフォームのプランを出してくれるから素人で考えるのではなくプロに任せたほうが失敗しないんじゃないか?身体的にコタツも入れないかもしれないし。

とのことで、そうだなあ、、、と納得し、座学で勉強しているだけでごちゃごちゃ考えずにまずは現場の声という引き出しがたくさんあるプロの意見を聞いた上で手すりの取付などは私がDIYすることにしました。

この機会に私も介護リフォームに悩む人に役に立てるよう、介護住宅に関する勉強をして行こうと思います。

おしゃれなインテリアとかオリジナル家具を作ったりすることはとても楽しいですが仕事としてはやはりあれば助かる、あったらいいな、を提供できることをしていきたいので、経験談踏まえて知識を蓄えていきます。

まだ入院中なので介護住宅DIYはこれからですが気がついたことなど記載していきます。

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



木工機械,木工旋盤や電動工具などの道具を通販で購入できる情報



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ