介護DIY廊下とトイレの段差の敷居高さと手すりを考える


実家の介護リフォームの準備中で
介護リフォームDIYについて主治医に図面提出をした際の玄関の階段と上り框の高さや踏み台を設置するかなどなどを記載した続きです。

廊下とトイレの段差の敷居高さと手すりを考える

前回も記載しましたが、築40年になる狭い建売住宅で入院してから数ヶ月。掃除もしていないのでお見苦しいですが、、、ご了承ください。

玄関の外階段には外用の手すりを付ける予定で、玄関内部の上框には踏み台をDIYする予定です。その玄関を上がると廊下。

廊下の右手には和室に入る敷居の段差と正面にはトイレと右手にキッチンがあります。それぞれ敷居があるので段差はありますが、今回これくらいの段差なら越えられるという判断を先生から頂いているので敷居をフラットにするリフォームは不要

ちょっと気になるのが洗面台。

もともとからトイレを出たところに洗面台があってそこをドレッサーとして使っていたのですが、はずせと言われたらそれでもいいかも。小さなボウルの洗面台もありますしね。

洗面ボウル(洗面ボール 手洗い鉢)+排水栓、排水Sトラップ セット おしゃれ 洗面器 洗面台 洗面化粧台 手洗い器 手洗いボウル 陶器 洗面ボウル KORS-1573B
逆におしゃれになるので良いかも!?洗面台の下に置いている掃除道具はトイレの中の収納に入れることもできるし…。取りあえず図面上では洗面台は取らなくて良いようなので正式な指示待ち

そしてトイレの空間。

十分なスペースが有るか、取っ手をどこにつけるかなど。ちなみに敷居の高さが約45mm、これも問題ないようです。

続いてキッチンと風呂場。キッチンは基本的に料理はできないので家族もしくはヘルパーさんが使うのでリフォームは無しで気にするところは敷居の段差のみ。ここの段差は15mmなのでクリア。

そして問題のお風呂。

折れ戸の入り口に10cmほどの段差。

タイルは滑りにくいものなのでいいけども問題は広さと浴槽の深さ。これをまたいで自力で上がれるかどうかが課題でやってみないとわかりません。

ちなみに浴室の平面図と浴槽高さの断面図の手書き。

やはりお風呂の入口の段差と、浴槽の深さが問題です。たしかに深い。手すりは絶対必要でかつ、手すりだけで解決できるかの判断は改めてになります。

介護用のお風呂の椅子などは購入予定です。横文字でシャワーチェアーていうんですね…。折りたたみだと他の家族が入る時にしまえるし持ち運びもできるので便利かも。

【島製作所】折りたたみシャワーチェアー 楽湯7550ST【定番在庫】即日・翌日配送可【介護用品】福祉介護用品/お風呂いす/入浴用椅子/シャワーベンチ/イス【通販】
あと、体を洗うものは病院で使っている同じ仕様のものが100円ショップにあるようで、それを買ってきてと言われているので現物を見てみよう。あなどれない100均!

続いては2階への階段とベランダと洗濯についてです。

階段の手すりとベランダの吐出口の高さ問題

DIYで人気の電動工具や木工機械

DIYの道具の使い方の基礎を知ろう



opt300

お役に立てばいいね!で読者になろう

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ 

このページの先頭へ