家具職人は独立工房がいいか、雇われ職人がいいか




以前お世話になった、

今はもう93歳くらいの木工所の元社長が

若かりし頃に独立して

従業員2人で自宅の裏でトンカチトンカチ始め

3人、4人と増え

工場を建てて、沢山の従業員と

切磋琢磨してきた話を聞いて

 

時代は違えど会社を興すということの

経緯や危機一髪などの話は面白い。

とFacebookに投稿したのですが

 

 

どちらかというと、職人の道というより

会社を興すところの物語が好きです。

不動産の仕事している時も

どうせこの仕事をするなら

独立すると思って宅建の免許取得してるので

もともとどんな仕事でも自分でしたいと

考えているのだと思います。

 

家具職人でも雇われ職人のままで

定年を迎える、転職する人が多いです。

そのほうがお金も気にしなくていいし

良い仕事を納期内に終わらせることだけ

考えれば済むので雇われている方が

仕事に集中出来るのではないかと思うほど、

 

やはり独立をするというのは

いろんなことがあると思います。

ただ、独立心がある人や挑戦したい人は

断然独立派だと思います。

作ることだけを考えたいとか

生活の安定を重視する場合は雇われ派ではないでしょうか。

下町ロケットのように社長とともに熱い仕事をしているとか。

 

ということでどっちがいい悪いはなく

自分の価値観で選択すると良いですね。

職人としてみた場合に

どちらが賢いとか優れてるとか立派とかは無いです。

 

私の周りは木工にかぎらず社長や自営業者が多いので

私のような一匹狼は気楽で羨ましいと言われます。

そう言われたら私なりの悩みを相談できない 笑

そういう方に比べると完全にあまちゃんで気楽だと。

 

確かに自分でもそうだと思うんですよね。

弱音とか吐かずに済むのは

もっといろんな経験をしてきた人がいるから。

ありがたいことです。

ということで…

悩みがあるかと人に聞かれたら

『ない』と答えます。

 

 

冒頭に書いた おじいちゃん元社長が

修行をしてた時代の木工所の家具が

もう廃盤なんですけど

お客様がそれを、家具のリメイク職人さんに持込み

リメイクしているブログを見つけました!

なんか自分のものじゃないけど

嬉しい出来事でした。

 

 

明日くらいからいい加減、

寝込んで安静にしているのはやめて

フルマラソンの練習かねて

外で免疫つけようと思います。

P.S

  • 家具を自分で販売する方法を知りたい
  • ブログの運営方法を知りたい
  • 集客方法を知りたい

など作るだけではなく販売部分での

お悩みをお持ちでしたらお聞かせ下さい

個別家具販売相談フォーム

脱サラ起業で失敗する人の共通点

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ