先日読者さんと個別でお会いしたことを
個人ブログに書きました。

単なる日記とおもいきや伝えたいこと色々詰め込んでるので読んでみてください。

直接お会いしてお話することで、この方が抱えている悩みを自分の知人を紹介するということで解決に導こうとしたのはやはり直接会ったからです。

メールだけの関係ではお互いの意向が考えが確実に伝わらないのですが直接会うと言葉だけではないニュアンスなども汲み取れるのでお話がスムーズにできます。知人に紹介しても大丈夫かなという判断もできますので、このようにお会いしてお話してご縁があると非常に良いなと思います。

仕事をしてきて思うのは何かを掴む時って一歩必要だと。

今はネットの時代ですから情報は沢山あります。ですが見ているだけでは見えないことや獲れない情報が沢山あり、問い合わせるとか会ってみるとかそういうことから広がることってありますよね。

よくセミナーとか何かに参加したら何かを売りつけられるのではないかとか思って警戒することもあると思いますが、信用できるかどうかの判断は普段からのその人の行動や発言を見て違和感なく共感できるとかだと思いますので、私自身も信頼できそうと思えば行動するようにしています。

そしてもうチョット先に書いていること

『これって家具の仕事だけではなく、なんでもそうですが経験を積むと思い込みとか出てくるしワンマンだと間違いに気がつかないまま突き進んでしまうこともあります』

これは本当に注意点で、単独でビジネスを学び始めて少しでも経験ができると思い込みとか勘違いとかでずっと間違いに気が付かず最終的に失敗したままで終わる…ということもありますよね。

中小企業や個人事業主への個別指導対応の本来意味と誤解

そしてブログを最後の方まで読んで欲しいのですが、田舎だから仕事が無いといった話の延長です。

言いたいのは『築く』『応用』です。

仕事が無いのではなく築くスキル、仕事で学んだことを自分なりに応用してムダにしない発想スキル

成果が出ない間って本当に辛いし間違えているんじゃないかと思うし諦めそうになります。頑張っているつもりだけど身になっていない、目に見えて成果が出ない。かといって個別で学ぶとかはお金を搾取されるだけではないかという誤解により今までどおりのことをして

楽な方に滞ってしまう(楽イコール変わらない)

確かに搾取するだけの変な人もいますけどでも少なくとも私は

・個別だからこそ話せること
・個別だからこそハッキリ改善指示ができること
(見ず知らずの他人にまでハッキリ言って嫌われる必要ないので…)
・個別だからこそ応用方法を伝えること

そういう個別指導がうまく行っています。搾取ではなく真っ当に活動し、クライアントさんが勉強に投資する大事な資金だと意識しています。

今回ブログ記事にあるように事前に直接相談も受けていて、かつ会ったから仕事を紹介できたし下の方に書いている、仕事が無い悩みに関して視野を広げる重要性についてアドバイスすることが出来るし、個別コンサルティングでもクライアントさんは今まで悩んでいた自分の視野が晴れて方向性がゴロッと変わることに感動してもらっています。

自分自身が個別でコンサルタントから直接聞くことで悩みを解決してきたし一人ではサボってしまうため、やる気も出せてきたことも含んでます。

・お前のお金のためだろ?

そう、よくあるのがお前の金儲けのためだろ?などと未だに斜に構えている方には今後も何を言っても伝わら無いかと思いますが個別で教える、教わる、その活動をしている意味が伝わればと思います。

教材とかコンサルの判断って高い安いとかではなく合うか合わないかで判断されてください。ネットビジネスってリスク回避にビジネスネームの人もいますが私は本業も明らかにしているし直接会う活動もしていますので逃げの体制ではないことも判断基準にして下さい。

ちなみに私の個別相談は、個人事業主や中小企業の社長やこれから独立を考えている方や定年後の起業チャレンジの方対象です。※お小遣い稼ぎでのんびりという方は対象外です。対象の方はお問い合わせ相談下さい。