夢の鍵・鳥取県日吉津から世界最強のドリルを目指すを観て



TBSではあらゆる業界・ジャンルで「未来の夢」をめざす人・プロジェクトに密着するドキュメント番組、夢の扉があり、それをついでBS-TBSの新番組「夢の鍵」として21世紀の世界で通用する日本の「モノづくり」を、未来へ引き継ぐ人たちを応援していく番組があり、

鳥取県の技術者ということで、拝聴しました。

夢の鍵・鳥取県日吉津から世界最強のドリルを目指すを観て

電動ドリルのビットを研磨したり、研磨の機械などを開発している木村勝世さん。この度、開発した月光ドリルは、一般のキリと比べて1分も貫通穴を開けるスピードも早く、削り屑も螺旋状、バリも少なく加工面がキレイに。超合金、いわゆる航空機に使われる硬い素材をもスピーディーにくり抜いていました。

その他、アクリル案やハマグリの貝殻、ポテトチップスまで割らずに貫通穴を。

一般のキリと違い、先端の曲線が特徴的で月光ドリルの摩擦する箇所が、削りスピードや葛がきれいに出るポイントで、(東大で検査されてました)その形状の鍵を握るのは安来節の踊りだと!安来節って日吉津村の近くでもあるお隣の県、島根の安来の民謡で『どじょう踊り』とも言われています。どじょうすくい饅頭美味しいですよね(笑)

どじょう掬いまんじゅう 12個入

この世界最強のドリルが自動車などの製造業だけではなく医療の世界でも重宝し、難しい手術や時間が重要な手術にも役立っているとか。。。こうやって技術が世の中の人に役立つというのは素晴らしいし憧れるし、同時に自分のチンケさも感じますね。比べること自体失礼ですが…。

わたしも去年母の脳の血管や心臓の手術をお医者さんにしていただき涙がでるほど感謝しています。手術の技術もそうですがそれをサポートする医療器具の発達も本当に大事なことで素晴らしいことだと思います。

木村さんは67歳、まだまだ現役で技術開発に意欲的でかっこいい。夢の鍵はTBSオンデマンドで配信期間:2018年1月13日~2018年1月20日までご覧頂くことができるので興味のある方はぜひ!

ちなみに夢の扉では、過去2008年の12月28日に頭痛のスペシャリストとして立ち上がった人として鳥取大学医学部で頭痛外来の担当である竹島多賀夫先生が紹介されています。その他、 出身地 鳥取県鳥取市で出身校が鳥取西高校出身校 東京大学理学部天文学科 卒業の岡島礼奈さんが2015年に、史上初の「人工流れ星」を作ろうとプロジェクトを立ち上げている人物として紹介されています。

岩美町でも役に立つこと、何かできるといいなあ。うん、今は大阪滞在中だけどコツコツ頑張ろう。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ