香住ジオマラソン2017と誰が作っているか?で選ばれる大切さ




私の家具製作の仕事のリフレッシュというか

修行中の精神鍛錬で始めてから続けているマラソン。

皆とわいわい走って楽しむという趣味よりも

行き詰ったときとか悩んでいるときに

スカッとしたいから走るので

目標がタイムとか、マラソン大会に出る

というわけではないのでレースにはあまり出ない。

正月に家族で出るマラソン大会は定番で、

 

2016年はジオパーク好きがこうじて

かみランナーを目指して

  • 香住ジオパークフルマラソン
  • みかた残酷マラソン
  • 村岡ダブルフルウルトラマラソン

の3レースの予定で残すは村岡のみ。

これが終わるとエントリーはやめようと思っていたけど…

香住ジオマラソン2017開催が決定した

香住ジオパークフルマラソンの

2017年の大会要項を目にした。

facebookで香住ジオパークフルマラソンを

運営している方とつながっていて

大会を作り上げる裏側と、大会準備までのこと、

大会に関する思いや、その人たちの人柄。

そういうものを知るとまた出たい!となる。

本当に良い大会で気持ちよかったから。

誰が作っているか?で選ばれる大切さ

ただ走れればよい、ただ良いタイムが出せればいい

ただ皆とわいわい出かければよい

などという理由だけだと私の心は動かないけど

誰が作っているかというところや

作り上げる過程を見ると心が動く。

 

これって私の仕事でも同じで

  • ただ靴を片付けるために下駄箱がほしい
  • テレビを置く台が必要

といった、箱に対する強い思いはなく

ただ目的のものを入れるための箱があればよい

というだけでは、安い家具で十分で

価格比較と見た目だけで選ばれるので

作り手側として、お客様の喜ぶ顔ではなく

安く作ることだけにフォーカスをしてしまいがちで

なんだか気持ちも入りにくい。(安いのが悪いというのではなく)

 

私はお客様の求める箱を作るのが仕事で

日々の生活にさりげなく役に立つことにも喜びを感じる。

でもそれは安けりゃなんでもいいという人は対象にしていない。

なんでもいいというのはさみしい。

 

そういう値段目的の家具は量販店には勝てないし

過去にさんざん安く販売してきた結果

自分はそういう市場を対象にしているわけではないと気が付き

オーダー収納製作という形で仕事を切り替えてきました。

 

オーダー収納製作は既製品より高いです。

安くできる方法も取り入れたりはしますが

お客様も決めるのに時間もかかるし

思い入れも強いので決め手として

最終的には値段という選び方ではなく

  • 誰が(どんな会社が)作っているか
  • 信頼できるか?

という部分が大きくあると思います。

良い家具を作っていてもそれだけでは難しい時代。

自分自身もお客様に選ばれるときに

信頼していただいているのだと思う。

だから裏切ることやがっかりさせてしまうことは

絶対にしないように気持ちを引き締めている。

 

物販というのはネットの普及で顔が見えなくても

かんたんに成り立つようになりました。

そこで扱うものによっては相手がだれであれ関係なくて

欲しいものを的確に届けてくれさえすれば

それでよいといったものもあります。

自分がネット販売をしてきていろんなものを扱い

本当にそれでよい市場があるのもわかります。

 

でも、私が主とする仕事は

やはり人と人との関係性が大事だと思う。

 

マラソン大会の作り手の思いとか人となりで

本来エントリーする気持ちがなかったのに

心が揺れ動いている自分が思うに、

やはり『人』で選ばれる主催者は素晴らしいし

それが良い大会を作り出しリピートが増えることもわかります。

 

顧客や取引先が見えていない自己主義のお金儲けだけでは

長く愛される良いものはできない。

香住ジオパークフルマラソンから改めて学びました。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “香住ジオマラソン2017と誰が作っているか?で選ばれる大切さ”

コメントを残す

このページの先頭へ