アホみたいと思っても落ち込まず必要とされる家具作りをしよう




昨日はムカデ対策について
様々なメッセージを頂きました。
ありがとうございます。

⇒ ムカデ対策の記事 

今日は家具製作に関係ないことなのですけど

いろんなお付き合いをしていく上で
男女でも仕事でも友達でも

一生懸命相手を思い色々尽くしても
気持ちの差がありすぎて結局自分が
【アホみたい】って思うこと
時折ありませんか?(関西弁ですが^^;)

例でいうと

失恋した友達を心底慰めていたのに
次の日には別の好きな人ができて
『おいおい昨日親身になって聞いた時間は
 なんやったんや…』とか

情熱を持って仕事をしているのが
空回りしてるとか。
残業とか引き受けてしまうタイプですね。

そういう時、一瞬、自分のことが【アホみたい】って
思いますし言われますが、
それでも手抜きできなくて
同じことを繰り返してしまう…。

それって誰かが悪いのではなくて
自分がそう選んでしまっているわけです。
人の考えは十人十色。自分と同じようなことを
望むとストレスになります。

それを悲観するのではなくて
そのためにやったことは自分の財産で、
最終的には温度差が同じ人達が
集まるものだと思っています。

お客様対応でもメール対応でも
思いと違う伝わり方をして
落ち込んでしまうこともありますよね。
でもそれは相手がそう受け取ったからなので

伝え方を変える、もしくは付き合わない

っというスタイルで
途中でストレスに負けなければ
必ずいい方に向かえますね
ポジティブシンキングで行きましょう♪

家具も人それぞれ価値観が違うので
無理やり押し付けてもダメだし

 

特に現場仕事は単価命なので価値を低く見られることも。

 

それはそれで卑屈にならず、自分自身で

 

必要と思われる家具
欲しいと思ってもらえる家具

を必要とされながら心を込めて
大切に使いたいと思われる家具を
提案していくといいですよね^^

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ