大阪の木工所で保育園の家具製作&古民家でアイコ栽培




ここ連日古民家の獣対策ネタばかりでしたが

私の趣味の家庭菜園もお披露目です

今までサラリーマンの時から

工場の横で家庭菜園を始めたり

有機野菜農家さんで援農をした経験から

家庭菜園が出来る庭付きの古民家

を借りたのですが、

 

広い庭の部分は家庭菜園出来る状況じゃなく

更にいつ引っ越すかわからないため

触るのをやめてまして省スペースで

こじんまりと楽しんでいます

今年はアイコを植えてここまで育ちました

アイコ栽培

ちなみに本も出版しています^^

と、家庭菜園とか古民家生活はここまでにして。

月末から大阪の木工所で保育園の家具製作します。

依頼を受けている量が多いため一人では無理。

 

保育園の家具一式に近いです。

  • 玄関の下駄箱
  • 園児のロッカー
  • カウンターテーブル
  • 吊戸収納

など、複数点ありまして

連休は大阪に滞在して家具製作します。

納品先は関東なのです。

保育園の家具製作は個人的にも好き。

(前にも書きましたが)

 

作る段階からかわいい園児の姿が浮かび

勝手に心がほんわかするという

まるで孫を思うおばあさんです。

でも作るときの気持ちって大事と思う。

作って終わりではなく、使い手さんが

その後どんな姿でこれを使うのかを考える。

そこにものづくりへの思いがつめ込まれます。

 

野菜もそうですが私は実になったものより

成長記録を見るのが好き。

これトマトの赤ちゃん↓

トマト

ゴーヤの赤ちゃん↓

ゴーヤ

こうやって作る過程で愛情がこもります。

(ほぼ勝手に育って見てるだけですが^^;)

野菜と家具一緒にするのはおかしいですが

私はものを作り上げる過程の感情って

最後に商品に表れると思います。

きっと、作らない方には

わかりにくい表現だと思いますが…。

 

 

5月10日は有森裕子さんがゲストランナーの

浦富健康マラソン大会に出るので

それまでには帰ってきます。

庭の雑草も気になるし、獣も…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ