家具職人仕事と野菜作りで田舎暮らしの理想と現実と生計




昨日援農先の農園にいったことなどを
メールマガジンに記載したら
多くの人が畑に興味があると
メールをくださいました。

なのでブログにもアップしました。

家具プラス野菜作りで田舎暮らし。

家具職人として独立工房思考の方に多いです。

絹川ナス

ただ、理想と現実は生計に困る人が多く
私もその1人でした。

会社に所属していたら給料があります。

私は無貯金、家無しから1人になり3年半、
解体寸前のボロ屋に隠れるように越して
お金がなさ過ぎて食べものが買えず

走るとお腹が空くから趣味のランニングを辞めた事も、
近所の畑を手伝い労働の対価で
野菜をもらい凌いだことも。

子供の 収穫体験

※尊敬する法隆寺の西岡棟梁も
仕事がないときは畑を耕したとの
影響も受けてます。

平成の時代にこんな生活になることは
私にとっては当たり前の事で浮き沈みがひどく
ゆとりがなくて誰とも会いたくなくなりました。

夢を持つ貧乏な女性のテレビ出演依頼とか来ましたが
完全にお断りでした^^;理由は色々書いてきましたが
実際、本人が笑えない、、、ですから。

諦めが悪くまだまだやりたいことがあり
どんなことでも仕事にしながら
田舎暮らしで粘り続け今に至ります 笑

母には迷惑かけてますが
現状はとても良くなってきたから
自分自身がこれから楽しみです。

援農先の農園にいったことに関する記事

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ