遺失した『iPhone5を探す』をオフにしていた絶望からの発見




先日のiPhoneを探すをオフにしていて

iPhoneが探せなかった件

⇒ 酒豪?の女職人は京橋でiPhone紛失して反省中…

の続きですが

なんと…!

西成警察にiPhoneが届いていると

auから拾得物のご連絡が

iPhone5遺失物

私は地方に住んでいるために

取りに行くことが難しいため…

姉に委任状を託して警察の会計課に行き

無事に手元に戻ってきました。

iPhoneを探すをオフにしていたら探すことは不可能

私はバッテリー交換対象でした。その際

 「iPhone を探す」機能がオフになっていないと

Appleでの修理を受けることができないとのことで

そのままiPhoneを探すをオフにしていたために

iCloudで確認しても

『所在地を確認できません』と。

誰かが拾ってくれるのを待つしか無く…

警察・駅・電話会社に連絡をしました。

それでも何か探せる方法はないかとか

色々検索しましたが無理…

携帯が見つかると携帯会社から文書が自宅に届く

以前同じようになくした友達が

拾ってもらえて文書で届いたと

教えてくれたので待つことにしましたが

出張先でなくしたために(幸い実家が大阪)

携帯がないと自宅に帰れないため

諦めて新しいiPhoneを購入したのが

iPhoneをなくして1週間後でした。

次は無くさないようにと…

⇒ iPhone5sの手作りケースを製作

したりともう見つからないと諦めていた所

10日以上経過して自宅に届いたのが

先ほどのauからのau電話機拾得のご連絡

iPhone5遺失物

拾ってくださる人がいるんだ…

と日本の治安の良さに感動。

でも引き取った携帯は

iPhoneのパスコードナンバーを

11回間違えられた際の

『このiPhoneは使えません』

表示でロックかかっていましたが^^;

iPhoneが使えませんのロック解除方法

iPhoneの復活は正規のUSBで
iTunesにバックアップしたことある
パソコンから復元するのが正当のようです

バックアップしていない場合は

初期化するしかないらしき書き込みがありました。。

ちなみにアップルストアに行っても

パスコードはわからないようです。

紛失防止にiPhoneを探すの設定をしよう

iPhoneを探すがオンになっていると

アイクラウドにログインして調べると

iPhoneがある場所がわかります

iPhoneを探す

このように地図で出てきます

iPhoneを探す 設定方法

そして紛失モードにしたり

サウンドを鳴らす設定をします

iPhone探す紛失モード

ちなみに電源がオフになっている場合は

電源が入った時に通知することも出来ます。

ですから見つけられた際に

電源を入れた場合に

紛失モードで連絡先を

記述すれば連絡があることもあります。

ちなみにMacを探すをオフにしているケースですが

Macを探す オフ

このような表示になります。

iPhoneを探すはオンにしておきましょう。私は位置確認とかGRSとかすごく使いたくなくてできればオフにしておきたいのですがまた紛失するのも嫌なので…。パスコード設定も必ずしておくこと。(子供がパスコードを連打しないように注意。ロックされる要因になります)そして常にパソコンでバックアップをとっておくこと(私は取っていたので新しいiPhoneになってもデータの移行は出来ました。)うっかりiPhoneを探すをオフにしていたらまずは携帯キャリアに連絡して回線の停止をし、警察に紛失届、落とした可能性のある場所に連絡をする。見つかってもロックがかかっていると連絡できないため、警察は携帯電話会社にシリアルナンバーなどを連絡し、携帯会社から文書で契約している住所に届くため、すぐに拾われても10日ほどかかることがあるので、待ってみるのもありです。

参考にしてください。

くれぐれも私みたいに

お酒呑んで記憶をなくして携帯も無くすなんて

失態をしないようお気をつけ下さい…^^;

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “遺失した『iPhone5を探す』をオフにしていた絶望からの発見”

コメントを残す

このページの先頭へ