職業別時給ランキング家具工・大工・デザイナー・左官工の給料順は?




これから家具職人を目指す方で

  • 家具職人の給料
  • 家具職人の日当
  • 家具職人の時給

を調べていて問い合わせがあることもありますが、正直なところ会社の規模や、技術や経験仕事内容によって変わるのではっきりと答えることができませんが私が見習いしたときや転職したときは最低賃金ぎりぎりでした。出来高制で残業代が出ない木工所は割っていたように思います。

技術が付いてこないのにお金をいただく事がありがたいと思っていたのでさほど気にしていませんでしたので正式な最低賃金をその時は知らなかったのですが…。目安として、一般的な飲食店やコンビニバイトよりも安かったです。

と、私のことはさておき。雑誌プレジデント2017年1.30号 (2017年01月07日発売)にて職業別時給ランキング129というのがありましたので参考になるかもしれません。

職業別時給ランキング家具工・大工・デザイナー・左官工の給料順は?

PRESIDENT (プレジデント) 2017年1/30号(人生が変わる時間術) によると

家具関連・建設関連だけ抜粋すると

  • 15.一級建築士 3001円
  • 54.デザイナー 1899円
  • 59.大工 1855円
  • 90.左官工 1628円
  • 108.建具製作工 1476円
  • 114.家具工 1416円

※数字は129の内のランキング順位で金額は時給です。

いかがでしょうか?

あくまでもこれは厚労省の賃金構造基本設計より教育社会学者の方が作成したデータですので、地域や会社、労働内容やスキルによって異なりますが、この数値で行くと家具工って大工さんと時給が約450円違うので8時間労働としても日当が3600円違うのですね。

昔は私が大工さんの知人に聞いた日当で比べると2倍くらい違ったこともあったので大工さんが下がったのでしょう。それにしても私が見習い時にもらっていた日当と全然違う。羨ましい~。物価は今のほうが下がっているけど

家具職人の日当:8時間労働として11808円

だいぶ上の先輩はこれくらいはいただいていたと思います。私は半分くらいでしたね…10年以上前の2件目の木工所の話ですが^^;

家具工といっても。量産工場の工員、現場の取り付け家具職人、オーダー家具職人、作る家具の種類、勤める会社によって変わりますのであくまでも目安です。

この数字でいうと、日当11808円以上の利益を出す仕事をする必要があるということになりますね。もちろん単品単品で利幅は違いますが、単純計算でいうと椅子を作るのに30日かかったので約34万と材料代と会社の経費を載せて請求して購入してもらうということになります。40万近くする椅子を買っていただくお客様を見つけないといけません。

それは非現実的なので、30日で作る腕を早くして15日で、となると半額になる計算ですね。あくまでも時給や日当基準の場合です。私も見習い時に社長に早くしろ!とか納期をわざと3日ほど早く言われていましたが、今思えば家具の単価から算出できる日当を考えると急がないといけないんだなあっとも思います。

結果、、、請け負う内容によっては納期や単価が少なくて時間やお金のことばかり考えると良い仕事がしにくくなるのです。それが嫌だといっても、やとわれだと給料がもらえる安心もあるので対応しないといけないですよね。嫌ならやめて自分で理想の仕事を請けて仕事をこなしていくことですね。

鵤工舎などでは、お金のことは職人に言わないし知らせないと本で読みました。お金のことを知ると仕事が雑になったり欲が出たりするからだと思います。企業で人を育てようと思うと、それくらい懐が大きくないといけないですね。

経営者になるとお金の計算は必要ですが…まずは見習の時は技術を覚えることに集中することが大事だと思います。私はお金をいただくこと自体ありがたいと思っていたほど即戦力になれませんでした…。ホントありがたかったです。

職業別時給ランキングは↓

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

2 Responses to “職業別時給ランキング家具工・大工・デザイナー・左官工の給料順は?”

コメントを残す

このページの先頭へ