情熱をもって仕事する・生きると愚痴や不満が軽減する




読者さんから時折、現在の会社での仕事の愚痴メールをいただくことがあります。こんな仕事がしたいのではないのです…というような。

もちろん私も会社員だったころもあるのでしたくない仕事もしないといけないので気持ちもわからなくもないですが、独立して会社員というのはある意味ありがたい地位でもあると感じています。

その理由は、給料が確保されているから。

もちろん、やった以上の見返りも少ない欠点はありますが逆に、仕事で利益を出せなかった月にも必ず給与がある。ということは生活の計画が立てれるのでその給料の中でできる範囲の生活をすれば生きていくことの保証はできるのです。

こういう話は会社員でいる段階ではなかなか気が付かないものなのですが…。

どちらがいい悪いはそれぞれですし、会社の愚痴を言わない人もいます。(私は会社員の時も仕事は楽しかった・辛かった仕事はパソコン仕事ではありましたがやりこなして乗り越え、今ではあの経験が独立後にも役立ちとてもありがたいと思っています 笑)

職人になる前はやりたくないと思ってやりたいことを仕事にしようと考えなおし辞めた仕事もあります。

愚痴を言うくらいならやっぱり情熱をもって自己責任で自立してっと勝負に出る人生のほうがストレスないので良いと思います。

情熱をもって仕事する・生きると愚痴や不満が軽減する

情熱をもって仕事する・生きる

独立をして仕事をするなら絶対に情熱を持てる仕事が良いです。お金儲けの為だけとか、誰かと組んでやりたくもない仕事とかそういうことでは仕事も気力も長続きしないです。

ここぞという時に踏ん張れるのは情熱があることですし、良い仕事ができるのも情熱があるもの。情熱があるものは自分の意思で継続できるので自然と得意になってきます。

失敗しても自己責任なので不満や愚痴を言う必要もなくなります。その理由は不満や愚痴を言っても何も生み出せないことに気づくので生産的な行動になることができ、思考も前向きになる。

やればやった分だけ結果は自分に返ってくるので良くも悪くも自分次第、そうやって人間力が磨かれ周りに感謝することができる。誰かに守られているとそのありがたさに気が付かないもので愚痴や不満がまた出てくる。

不満や愚痴を言ってるだけでは快方に向かうことはありません。不満や愚痴から自分がどうやって抜け出すか、どうやって快適に変えていくかを考えて行動することで先々の幸せ度が変わります。顔にも出ますしオーラにも出ますし、同じような人をひきつけます。

現状が良くない場合は自分の今までの行動を少し変えてみることで思考や視野も変わるし、それによって周りも変わってきます。これは独立していても会社員でも同じで仕事に対して責任感と探求心、情熱、達成感をもつことは大事。

自分の理想ではない仕事だったとしても同じ時間を過ごすならその道をやり通してみることにより情熱の持てる仕事に応用がきかせるようになるし楽しみも見出せるようになります。

例えば、私は量産工場で同じことの繰り返しをしていた時でも日々できる数が増えることや、早くきれいにできることの成長に喜びを感じていました。それはそれで達成感があるのです。ですが中には同じことばっかりで退屈だ…と時間が来ればそれでいい的な感じで手を抜く人もいます。

そういう思考は生きる楽しみが減って損するなあ~っと思うのです。今その場所にいることが変われないのであれば、今いる場所で楽しみや情熱を見つけることで心の在り方も前向きになるし、そうすることで良縁も舞い込んでくるものです。全部本気ですると後で役に立ちます。その時にちゃんと自分でお尻を上げて動くことが大事ですが。

時間と労働力を切り売りして惰性で生きているほどつまらないものはありませんよね…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ