家具職人になるには?7.家具工房で独立したら集客が大事




前回の脱サラ家具職人の収入編に続き

家具職人になるには?

シリーズ7.家具工房の集客です。

家具職人になるにはカテゴリ記事一覧

でシリーズ化しています。

家具工房は集客が大事

家具屋 集客

独立して家具工房を開業する際には販路開拓や顧客獲得が大事です。作るだけのことを考えればいいわけはなく、しっかりと経営していく知識も必要なので営業をすることもお忘れなくです。

都会の場合は人口が多いので自然に集客できることもありますが、今回は田舎で工房を保つ場合のケースも踏まえて自分で集客する手法を説明します。

ギャラリーを持ち訪ねてきてもらう

ギャラリーに来てもらう、ドライブついでに覗いてもらう、これが考えられるパターンですが簡単にできるわけではないのでそのための手法を次にお話します。

ブログやネットショップを持つ

家具職人や家具工房としてもブログを持ちながらネットショップも運営できればしていく。田舎などでは人口に限りがあるので商圏が狭すぎます。ですから全国に向けてネット配信をしてまずは『知ってもらう』ことを意識しましょう

人が集まるところで個展を開く

時折都会に出て百貨店などのギャラリーを借りたり、インテリアのイベントに参加したり人が集まるところで作品を見てもらうきっかけづくりを積極的にしましょう

メディアに掲載される

地元の観光ガイドやニュースはじめ、全国紙のインテリア雑誌やネット媒体に取り上げられることで集客ができます。ですがキャパオーバーや間違った情報の拡散に注意はした方がいいですね。

人の口コミを利用する

一度来てくださったお客様にSNSなどを使って口コミをしてもらう。知人に紹介してもらう、取引先に紹介してもらうなどなどリアルに人づてのナチュラルな口コミが一番信頼関係が築きやすいお客様になりますので大事にしましょう。

私はパソコンが嫌いですがネットも勉強しました

私は本当にパソコンが嫌いですが

自分で販売することが大事だと痛感し、

イヤイヤながらも勉強したことを

過去の記事にも書いていますので

以前の記事を併せてお読みください

P.S

  • 家具を自分で販売する方法を知りたい
  • ブログの運営方法を知りたい
  • 集客方法を知りたい

など作るだけではなく販売部分での

お悩みをお持ちでしたらお聞かせ下さい

個別家具販売相談フォーム

家具職人になるにはカテゴリ記事一覧

1.脱サラ準備編

2.家具職人の種類

3.家具職人の修業

4.家具職人の生活

5.家具職人の求人

6.家具職人の収入

7.家具工房の集客

ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “家具職人になるには?7.家具工房で独立したら集客が大事”

コメントを残す

このページの先頭へ