家具職人の見習いと求人探しに翻弄してた頃




脱サラして家具職人になりたいと思い

家具職人になるにはまず求人があったとしても、

未経験者の求人なんて無いので、給料なしで見習い?修行?と考えるも

女だからという理由でなかなか受け入れ先もなく翻弄しました。

 

でも、女は無理と言われても当然だと思っていたので

自分が女であることも恨んだことも^^;

ただ、それに屈せずとにかく情熱!っと熱くアタックしていました。

今の時代はネットでメール問い合わせをして無理だと言われたら諦める

次の木工所の求人を探す、などなど…。

ちょっと機械的というか上辺だけで諦めてしまう人も多いです。

でも、今の時代でも、直接足を運んで直接話をすれば思いは伝わりやすいし

本当に受け入れ体制があって募集しているのであれば性別関係なしに

直接足を運ぶと、考えてはくれますし印象に残ります。

 

情熱 大事ですね 笑

 

それくらいして無理なら諦めればいいし、時分でも納得行くと思います。

そんなこと客観的に考えたこともない私は自然にそうやって行動していたので

門前払い食らっても納得がいったし、最終的には見つけることもできました。

 

私が最終的に勤めていた会社で家具の通販をしていた頃、私のブログを見て

家具職人の求人はないか?デザインの求人はないか?などのメールを頂きましたが

 

 

テンプレのような文面の人もいれば名乗らない人もいました。

もうスルーですよね^^;

でも中には情熱的な人もいて、募集はしていなかったので断りましたが

一瞬考えるわけです。うーんこの人をどうにか家具職人として採用するには?っと

心が動くわけです。

 

もし会いに来てたら、更に何とかならないかと考えていたかもしれません。

なので、本気であればもっともっと積極的にアタックすることをオススメします。

あたって砕けて当たり前!くらいの心意気だと動く幅が広がるし

道も広がってきます。

 

 

私も、まだまだ本格的に再始動はできませんが、再始動したら

まずは、仲間、そしてネットで募集するかもしれません。

いつになるかな~がんばろう!!!

 

 

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ