家具職人のお仕事を休む勇気を持つことにしました。



数ヶ月、これを書く勇気がありませんでした。今でもとっても悩んでいます。家具職人になりたいと子供の頃から憧れた仕事

当時は女性職人も少なく無理だといわれながら、脱サラして修業をし、念願の家具職人になれ、田舎暮らしをしたいという夢も叶い、そこから仕事ばかりしてきた中で、様々なことがありマイナスになり原点に戻し、プラスになったと思ったら原点になり、這い上がろうとすればするほど遠回り。

それでも往生際悪く独立してオーダー家具職人として道を開いてきました。おかげさまでネットを通じて見つけてくださりオーダー家具のお見積り依頼をいただける状態になりました。

これからもっと!良い仕事をしようと思っていたのですが…

家具職人のお仕事を休む勇気を持つことにしました。

本当に好きなことが仕事にできたことは幸せなことだと思います。家具作りを通じて心が癒され子供の頃から埋められない何かを埋めていくことも出来ました。

この仕事をもっとしていきたいし、あてがわれたことをこなすのではなく、自分で築き上げたことはなかなか崩れません。おかげさまでオーダー家具製作のお仕事の相談は今でもあります。これは大変ありがたいことで良い学びを得ました。

ですが、その反面、現状仕事を続けていくことが非常に困難で、オーダー家具製作の依頼はあれど納期が間に合わない、お断りをしないといけないことが何十件と続き、そのことで自己嫌悪に陥ってしまいます。

  • 人の役に立つことがしたい
  • 要望に応えて喜んでいただきたい

このことが全く出来ません。

その理由に、

  • 私が介護生活に入ったこと
  • 請け負ってくれる仕事のパートナー先が他界したこと
  • その他外注先も仕事が忙しいこと

本来、私が以前のようにフルタイムで工場で夢中になって作れればいいのですが、私が工場に出向くことができるのが、週4回、4時間ほどです。

最初はそれでも依頼していただける人がいるのであれば続けていこうと思いましたが、ものづくりをしている方ならわかると思いますが現実的に、週に4日、細切れで時間があったとしても良いものを集中して作ることはとても難しいです。

そうなると仕事を断らないといけなくなり、私個人にどうしてもという指名がある作家ではないので、外注などで要望の家具を形にすることができればとても満足行っていただけることではありました。

しかしそのルートも今、途絶えてしまい、結局見積もりしても納期が間に合わない、本当は私が作れればいいのですがそれも先ほど書いたように難しく、お断りせざるをえないことも増え、出来ないことが増えてしまい,見積りをしたあとに一言も返信がないなども重なり(ネット見積りでは前からあることですが)正直なところ限られた時間の中で心が折れかかっています。

家族に申し訳ないと思わせたくない。

このままオーダー家具の見積り相談がこなくなれば開店休業状態で気が楽になるかもしれないのですが、この状態になるまでに数年積み上げてきたので自然とお問い合せを頂くことが出来、自分自身がやっぱりこの仕事をしたい気持ちが強く、やりくりしてどうにかお客様の要望にお応えし、作れる環境を…と数ヶ月あがいて1人で考えてみたのですが

そのことで頭を抱えて暗い部屋で考えて突っ伏せたり、無意識に涙を流したり夜中にうなされたりしている状況を介護される家族に対して隠しても伝わるので(うなされるなど自分では気が付かないので。)家族が自責の念にならないか、を考えると自分のキャパのなさに罪悪感を感じています。家族に申し訳ないと思わせたくない。

介護がしたくないのではなく、私は仕事が好きだし、ずっと築いてきたことが実になっていくことがとても嬉しく、そんな仕事での要望を断ることが、お客様をがっかりさせることにつながるし自分が情けなくなり、自分が嫌でストレスに感じることが結果、うなされたりするんだと思います。自分が家族を疎かにしてまで仕事をしたけど、実になるまでの過程がおそすぎて、こういうことになっているので自分のせいです。

だから、勇気を出して一時休むことにします。他人から見たらいちいち言い訳がましいと思われますが、私にとっては生きがいを失うので怖く、現状を認めるにはとても勇気がいることです。現実を言うと自営なので仕事しないと未来の生活の保障もないし…。時折もうこの仕事ができなくなるんじゃないかという感情にも襲われます。

よくある介護離職で40代、50代で無職で貧困…とか、切実になる状況の人もわかります。そうならないために私はリスクヘッジを常に考えてきましたが…

ですが、一生の内、たった少しの間だ、またやり直せばいい、理想のライフスタイルはまだまだこれからも築いていくことができる、今のことを中断しても自分の中に築いたことは、心をなくさない限り、健康であれば失わない、そう考え楽になることにします。

依頼された家具作りしたいけど、現状は無理。

これを自分で納得させるのに本当に勇気がいるし、まだ納得いってないです。ですがそれは自分の見栄でもあり、こうありたいという思いが捨てきれないわがままでもあり、大事にすることの順番を付けた結果、自分のライフスタイルの欲は後回しにすることにしました。

後回し、ということなので辞めたり諦めたりではなく、引き続き、築いていき環境を整えることを考えながら復帰をするつもりで、自分の生き方に自信がないまま、仕事として胸を張れない今をグッと耐えて夢を見ておきます。

妄想が得意でおめでたい頭が幸いし、私の中でこれからも目的や夢は実現できると思いこんでいるので憂いはありません。今するべきことそして未来に備えることを考えて地道にまた戻りたいと思います。

過去の記事や製作事例などで今後もお見積もりの相談などがあると思いますが、せっかくのご縁ですのでありがたくオーダー家具に関する相談は受注の有無関係なく、質問に対する返信はしていきます。工場が落ち着き、私が工場に行かなくても外注で製作できる分はお受けいたします。

ですが基本的に私自身、製作・現場取付は出来かねますのでご了承ください←これを書くのに本当に時間を要しました…。書いたことを悔やんでいます。ですが期待して問い合わせに時間を割いてしまうことのほうが失礼なので今は勇気をだして書かないといけません。

ということでしばらくは、家具職人として仕事をしてきた経験を活かし、読む人に役に立つことをブログに書いていこうと思います。

また、介護などは世間ではいわれているけども自分にはあまりピンときていませんでしたが実体験をすることでまた人間として人の気持ちがわかる引き出しが増えたと感じ、若い時とはまた違う感情で仕事に活かすこともできる機会だと捉えております。

まだまだワタクシは家具を通じ、また、家具だけではなく、喜ばれる仕事、胸を張れる仕事をしていきたいので勉強やスキルアップ、またパワーアップして良い仕事ができるようになるぞ~!と未来を楽しみにして自分磨きしていきます。ガッカリされたくないので(笑)

同じように何か思い悩んでいたり、自分のライフスタイルを諦めそうになった方が未来への希望を持てるパワーに、微力でもつなげることができるとうれしいです。

※これを書く前に受けている直近のオーダー家具のお見積もりに対する回答はいただいたメールに直接済んでおります。そちらはご検討いただけましたら製作可能です。

結局…2週間後…⇒ 大阪の木工所が大忙し、バイトで手伝いに行けるかな…

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “家具職人のお仕事を休む勇気を持つことにしました。”

コメントを残す

このページの先頭へ