家具職人への道17~衝撃の事実~

前回の続きです。

木工所に面接に行きとっても刺激を受けた私。

ここで技術を上げながら頑張りたい と思いました。

 

師匠に怒られ、無視され、なんだかフラフラしましたが

どうにかこうにか積み重ねてきた数ヶ月。

表に出すのが恥だとまで言われ、

自分の不器用さに 向いていないのかなと諦めかけました。

 

そんな中、急に?沸いて出た面接の話。

ドキドキしました。私、大丈夫かなと。

 

すると、面接していただいた木工所の社長に合格を頂きました!

 

えーーー。本当に?家具職人として就職できたの?

 

と嬉しくて涙が出ました。緊張もあったからさらに。

で、師匠のところに行くと、、、

『お前はあそこに行かせると決めてた。

 途中であまりにもドン臭くて

 どうしようかと思ってたし、お前が後で

 苦労すると思ったから厳しくしたんだ』

って。

なにそれーーーー。初めから考えてくれてたんですね。

なんで言ってくれないかな…

っと思いましたが、きっと、自分がいける道があると

途中で安心しきって、怠慢になってたかと思います。

師匠は、私が初めにたずねてきたときから

私なら厳しくしてもついてこれると思ってくれていたみたいです

過去の記事を振り返ると、かなりおかしいですよね。

一人妄想してパニくって。

その間も師匠は黙ってみてたのですね。

恥ずかしいやらありがたいやら。

今でも師匠は師匠。

数年前に倒れてしまって、引退されました。

本当は、お見舞いに行きたいけど

元気じゃない姿を見られたくないらしく

気持ちを汲んで、いってません。

誕生日に、メールを送る程度ですが

私は、師匠につけた時は大切な時間です。

言うことを素直に聞かないこともありました。

でも、黙って軌道修正してくれたことに感謝です。

さて、これからは学びじゃなくて、仕事としての

家具職人生活が始まります。

 

⇒ 家具職人への道18に続く

 



家具職人のメルマガでしか言えないお話

私はメールマガジンを配信しています。

職人を目指し、修行をして沢山の涙、感動、笑いを経験したことはとっても貴重です。家具職人ではなくても、好きなことを仕事にするメリットやデメリットをお伝えしたり自分の人生をやりたいことを実現して心豊かにしたい方などに向けて配信しています。

女家具職人の倒産からのリベンジまでの道のりを綴ったレポートを公開していましたが現在は不特定多数の方に対しては非公開としております。

家具職人メルマガ

登録 解除
*メールアドレス
*名前


※携帯アドレスは受信設定によっては届かないこともございます

家具職人への道20話の続きをメールマガジン読者様限定で必要な方のみご請求頂けます。
一部の方(ものを作る人に対し、無理強いをしたことがある人)は気分を悪くするので読まないでください。(本当に)下請けから脱却するきっかけになった家具職人奮闘記を書いています。読み逃げもされたくないので冷やかし登録はご遠慮ください。

⇒ ブログに寄せられた読者さんの声一覧

このページの先頭へ