家具職人の給料や年収知りたい人って何が重要なの?




私のブログには…

家具職人 給料
家具職人 年収

などで検索してくる方が多いです。

家具職人の給料とか年収が知りたい人って

どういう心理なのか考えてみました。

 

1.家具職人になりたいけど生活が出来るか気になる

2・家具職人って儲かるのか?食べていくならやりたい

3.すでに家具職人で人の給料が気になる

4.家具職人で転職するのに参考にしたい

 

といったところでしょうか?

家具職人という仕事をしたい人前提にお話をすると

 

まず、給料を気にする前に

技術習得を意識しましょう

 

家具職人はいきなりお金になる仕事ができるわけではありません

何時間働いたから給料がいくら といった

時給計算で考えると、家具の量産工場に行くといいです。

そうすると流れ作業なのでマニュアルもあるし

研修&何日かしたら即戦力として加われます。

 

一日の生産高やコストが

計算しやすいので自分がいくらの仕事をしたという

認識が強く持てるでしょう

ただ家具を1から全て作れるようになることは

難しいです。

 

そして、別注家具とかオリジナル家具を作る工房に

就職した場合、まず即戦力にはなれません。

技術の習得には時間がかかります。

その間は修業の身と考える方がいいですね

給料をいただけるだけありがたいと思える覚悟で

されないと、素直な技術向上につながりません。

 

労働基準がうんちゃらかんちゃら…

ということを求めるとストレスになります。

いや、、、法律的には大事なところではあるのですが…

 

私は日当制で最初は6000円以下からスタート。

これだけでも有りがたかったです。

別注家具ですが最初からいきなり本番でした。

失敗もするし時間もかかるしそれでも日当があり

早く返せるようにならなきゃと思いましたね^^;

 

あと、職人さんによって日当は違いました。

技術の差です。歩合制の営業マンと一緒ですね。

自分が頑張って技術を磨けば日当が上がりました。

 

当時は大工さんの日当の半分くらいでしたが

今は大工さんの日当の単価も下がり

さほど差はないのかなとも思います。

日当はなかなか上がりづらく給料も安いですが

それ以外の価値を見いだせるライフスタイルを好む人には

向いていますが

 

贅沢な暮らしをしたい、家族を養うのに確実に◯万円必要

といった方には修業の段階で食えない と諦めることに繋がりやすいです。

 

 

例えば家族を持ちながら脱サラして

家具職人の修業をする際には

ある程度自分の力で生活が出来る基板を持ちながら

始めることをおすすめします。

 

そうしないと生活が出来ない乱れから

一人前になる過程で行き詰まります。

 

独立して家具工房を持たれている方でも

売り上げ的に月に100万で材料費や経費などを引いて

家族が養って行ける感じだとのことです。

 

 

独立して、技術が高くても悲しいことに

仕事が無い・売れないと成り立ちません。

問題は仕事と販路があるかないか。

 

というところですね。

関連記事もどうぞ

職業別時給ランキング家具工・大工・デザイナー・左官工の給料順は?

P.S

  • 家具を自分で販売する方法を知りたい
  • ブログの運営方法を知りたい
  • 集客方法を知りたい

など作るだけではなく販売部分での

お悩みをお持ちでしたらお聞かせ下さい

個別家具販売相談フォーム

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “家具職人の給料や年収知りたい人って何が重要なの?”

コメントを残す

このページの先頭へ