自分をどつきたくなる話・オーダー家具見積もり時の出来事




今日は自分をどつきたくなる話です。

先日オーダー家具の見積もり依頼を受け

既製品より遥かに見積もり金額が高いため

お客様に申し訳なく思い、断ろうと思い

途中で、高くなる旨を返事をしました。

すると…

『オーダーなので高くなるのは承知してますよ
 ですから全部見積もりしてくださいね』

と言われ、私はその依頼主様に対して

なんて失礼な事をしたかと反省

安くなる方がいいのではないかと

自分で勝手に判断してしまってました。

その方はオーダー家具に関する価値を

すごく理解してくださっていらっしゃるので

 

オーダー家具を格安にするということを望んでいるのではなく

望みのサイズで望みの色で望みのデザインの家具が良い

 

ということが優先順位でした。そのあと予算ですね。

自分自身、オーダー家具をそう捉えていただけるお客様に

お届けしていきたくてこのようにブログを運営しているのに

いざ、そういうお客様から相談があったのに関わらず

自分で値段が高くなるから…と断りそうになるなんて

本当にアホだとおもいます。そしてお客様に失礼。

個人で家具を販売出来るようになり良かったこと

オーダー家具の価値が伝わっているお客様が

まだまだたくさんいらっしゃることが嬉しいし

それに答えるべくいいお仕事もしたい。

 

今回、自分の成長は無理して安請け合いの方向に

向かわなかったこと。下請けだったときは

会社がこれをしてしまい赤字生産でも感謝すらされず

相当涙をのんだのを見たのでそこは学習したようです。

 

安売り、低単価、労働力無視

 

こういう下請け木工所の嫌な経験が

結構染み付いて意識してしまっているかもしれません…

私は副業として農家さんに価値ある野菜を安売りせずに

自信を持って売りましょう!と指導しているのに

自分も農家さんのこと言えないなあ…。

 

ただ、私は個人で本音を配信し始めてから

素敵なお客様にお集まりいただき幸せです。

依頼を受けた中で出来る限り理想に近づけ

そしてメーカーとか問屋を介さずに

過剰なコストをかけないようにしています。

オーダー家具を格安にしたい場合

直接交渉するのが一番です。

品質もきちんと話し合いどれくらいの予算で…

とお話ししていき

誤解なくスピーディーに打ち合わせが出来ます。

 

これが中間業者を介すると

意見の食い違いやコンタクト不足による誤解が生じ

さらに不要なマージンが乗ることも。

 

もちろんインテリアコーディネーターに一括でまとめる際は

プロのアドバイスを受けながらインテリア作りをするわけですから

その費用は当然必要です。

無い知識を補ってくださる価値の対価ですね。

 

ですが作る物も決まっていて、

あとは注文するだけの段階であれば

直接工房や木工所に問い合わせるといいですね

実は作っている方も、直接要望を聞いた方が作りやすいのです^^

職人さんなどもの作り仕事に共通すること

職人は変なものを適当に作りたいと考えていません

予算がある場合には限られた予算の中で

最大限出来ること(たいていがそれ以上のこと)をします。

 

作ったものに対して喜んでいただけることが励みであり、

文句を言われるために作る人は職人には誰一人いません。

だって粗悪品を作っても自分に返ってくるので

逃げれませんし何よりプライドが許しません。

 

いい加減な人は自分の利幅だけは確保して

もの作りの価値を見下し、人件費を無視した

あり得ない低価格で作らせたのに関わらず

理不尽な返品をしてくる中間業者や営業マンです。

 

私は職人を見下した業者からの依頼はこれからも断ります。

逆に今まで私が直接携わったお客様のような

価値観の方の期待を裏切らないようにしたいと考えますし

同業者さんやその他生産者さんなどお互いが平等の立場で

仕事がし合えるパートナーを探していきたいです

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ