女性にありがちな感情商売が辞めれないけど良い点もある




私はネットを通じて家具製作の仕事をお受けしておりますが、中にはできない案件や工場のキャパがいっぱいでお断りしないといけないこともあります。

その時に、断るだけでなく紹介できれば…と考えて同業者さんを紹介することもあることは過去にも記載しましたが、先日も
⇒ 学習塾のブース量産ができる木工所
ということで製作はできるけども現場設置が難しいため断ったのですがその代わりに出来る木工所を探しているところです。

こういうことをしていると時折、お金にならないのに他人のために時間を割いてお人好しとか馬鹿とか言われますし、実際に痛い目や裏切りにもあったことがあり…悪い面でもあるのはわかっていますが感情商売は良い面もあるのです。

女性にありがちな感情商売が辞めれないけど良い点もある


例えばシンプルに考えて

自分は断って仕事にならないけど、紹介することで

  • お客さんの困ったが解決できて喜んでもらえる
  • 木工所も仕事が入る
  • お互いに喜んでもらえたことに関する自己満足^^;

これは信頼関係があるから出来ることであり、どこでもだれでも紹介するわけではありません。当然、携わる全員が良い結果を生み出しそうな時だけしています。

私のメリットは、ありがとうと言われることや人の役に立てたという満足感で満たされる、といった自己満足の感情的な部分。女性にありがちな感情商売は社長としてミスを犯してしまうこともあります。

よく言われるのが、お金にならないことを… っと。

出来る社長によくダメ出しを食らいます…でも、辞めれないので自覚しながら行動はしています。会社経営のことだけではなく、自己犠牲をしてまで人に喜んでもらいたいとか人のために何かをすることに生きがいを感じる人は精神的疾患が若干あるといわれますのですべてが良い行動ではないし欠点でもあります。

私自身、経験不足もあり感情だけが先立ち、売れないと困っている社長に依頼をされ、この会社が良くなれば良いと思って真摯にやっていたら(ホームページの作成仕事)、タダで何とかしてもらいたい人だったことに気づかず頂く予定の仕事のお金を頂けなかったうえに時間のロス、精神的苦痛を遺されたこともあります。(当然そんな会社は今は消えています)

だから決していい人ではないのです。

なのであまり書かないほうがいいかもしれないのですがどうしてもそうしてしまう自分が辞めれない。仕事で感情的にしてしまうことって不幸だとも思わないし損したとも思わない。この時点で思考の誤りかもしれないけども

巡り巡って必ず信頼として返ってくるという思考は変わらないのです。考え方は自分次第なので、仕事する相手を失敗した場合にいい経験になった、勉強になったと感じ、無理な人に対してはシビアに対応し、今は本当に良い人とだけ仕事をしています。

やっぱりなんだかんだ男性の中にいても女性的な部分は消せないし割り切れるものではない。悪い点もあるけどいい面もあり、雇われている場合は会社の任務を追行することが大事ですが、私の場合は個人事業主なので仕事になにに重きを置くかは自分で決断できます。

社長だから自由かというとそうではなく、従業員をたくさん抱えていたら従業員の家族を守ることも考えるので売り上げや利益も絶対大事なので感情商売だけでいかない現実もあります。だから社長たちに甘いと私は言われることも受け止めています。

人それぞれの価値観や仕事のスタイルや定義によりますが自分は今までも人に助けられ、人は宝だと思い、お金よりも人で仕事をするという気持ちは何年たっても変わりません。目の前の数字だけで儲かる仕事、を取るのではなくこの人と仕事すると楽しいとか自分だけでは無理な力が出せるとか、相手のためになる、未来に必ず意味があるということを優先してしまいます。

だからビンボーだとかいろいろ思われるのかしら…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ