仕事で目的や夢を追う過程で心が病んでしまう前にやること

9月20日メルマガバックナンバーです。

 

台風の進路の方は大丈夫でしょうか?
ワタクシはというと昼頃からひどくなるようで
朝からずっと激しい雨に見舞われて

ストーブが欲しいくらい寒いです。(大げさ?!)
庭の栗の殻がどんどん落ちるし、気になるしで
早朝から庭掃除でずぶぬれでした。

家もそうですが倉庫の壁とか気になります、、、
こないだも家の窓が飛んで落ちて割れたしなあ…

こういう災害時に不安や虫が出る時に常々、
早く立派な小屋を建てたい、そう思えます。

そういう気持ちも原動力にはなるし
仕事に対してあきらめることをしないので
特に優等生ではない私もいろいろ持続で来ているのですが

     あ、逆に見切りがつけれないバカだからかも…

そんな私に相談をされる方でも
家具に限らず…

  • 『やろうと思ってもモチベーションが上がらない』
  • 『辞めたいと思っても辞めれない』
  • 『挑戦したいけど後回しにしてしまう』
  • 『移住したいとは思うけど忙しくて』

などお聞かせいただくのですが
回答する側も無責任なことも言えないので
直接の場合は言葉を選んでしまうのですが

誰に対してって決めずに書くと、
私はどうしても、、、慎重型ではないからか?

 

  • やろうと思えばやったほうがいいし
  • あとでやらないことを後悔してからでは遅いし
  • 悔いが残るといつまでも引きずり病んでしまう

そう、、、病気になるのが一番大変。
体の病気もだけど心の病気も。

こういうのってじわじわ来るので気が付かないし
自分は大丈夫って思いがちだけども
大丈夫じゃないケースもあり
それが他人には理解されないんですよね…

仕事で目的や夢を追う過程で心が病んでしまう前にやること

私もそれなりに思い悩む日を送ることもありますが
やっぱり未来を描いて進もうっと奮起しています。

理想と違う自分は心の病を引き起こしますよね。
劣等感とか焦燥感とかそういう負の感情から蝕まれることもあり…

そうならないために
ゴールした人の今だけ見るのではなく
まずは地を固めるというか、

理想のゴールは高くてもいいけども
今ある自分にできることをさらに追加し、
人の言うことや助言を素直に聞くとか
向上できる環境を変えてみることを重ね

病んでいくことを防止するということも
取り入れるほうがよいかなあっと、、、

 

だって私こそ、、、
やりたい目標達成がまだまだ遠すぎて情けなく思い、
自分にコンプレックスがたくさんあるけども
背伸びしすぎない、という言い聞かせで
自分を自分でなだめつつ、良い気持ちをキープしています。

気を抜くとヤサグレてしまうので注意してます

わかりやすくいうと、、、くどいけど、、、

私の場合、目の前にある目的でいうと、

オーダーされた家具を作り喜んでいただきたい
だからこそ今は事務仕事として
お見積りに勤しんでいる日々です。
今日も2件ほどしています。

作るためにすること が
自分があまりしたくないこともあるわけですが
※見積もり計算とかインターネット集客とかより
 現場で体を動かすことがしたいので

でも作るという目的のために必要なことから逃げたら、
作る目的すら達成できないですよね。
それと同じで目的のためにする過程こそ
踏ん張って地を固める必要があると思います。

見積もりが高いと断られることも返事自体がないことも多々あります。それでも続けるのです

それこそ私もいろんな仕事で乗り切りました…。

鳥取吹雪

前がもやもやして見えないこと多々。

職人仕事でも、段取り8割って言いますし。
段取りが8割。。。。納得です。

再度いうと、、、やることは地を固める

逆に…なんだかんだ言い訳してやらないなら
いっそこのことやらない!って目標を捨ててしまったほうが
コンプレックスが取れるので病まないとも思います。

 

おばさんのたわごとでした。
いろいろ相談が重なったので…
長々と申し訳ないです

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ