女職人のバイブルは法隆寺の西岡棟梁と鵤工舎の小川三夫さんの本




私が家具職人修行中に師匠に教えてもらった本は 法隆寺の棟梁 西岡常一さんの

木に学べ

法隆寺を支えた木

です。そのつながりで知ったお弟子さんの鵤工舎の小川三夫さんの

棟梁 [ 小川三夫 ]

不揃いの木を組む [ 小川三夫 ]

や西岡棟梁、小川さん、そして鵤工舎の宮大工さんが書かれた

木のいのち木のこころ

などがバイブルです

本をクリックすると詳細がご覧いただけますので

ぜひバイブルとして読んでみてください。

職人魂がひしひしと熱くなることと

人間のこころとはということまでわかります。

  

 

特に小川さんが西岡棟梁のところに弟子入りするまでのことと

弟子入りしてからのことが心に響きます

新聞もテレビも一切禁止され修行に没頭する日々。

 

私も感化されて未だにテレビも持っていないという…

もちろん今はネットは見たりするんですけどね。

家具職人の修行で挫けそうになる時に何度も読み返しました。

口伝もすごくいいですよね。

 

宮大工という仕事を超えた人としても魅力が伝わり

気が引き締まる本でもあります。

その血を受け継いだお弟子さんたちも素晴らしく

私も鵤工舎に修行に行ってみたいと心底思ったほどでした。

共同生活の様子も書かれていて面白かったです。

それが

不揃いの木を組む [ 小川三夫 ]

なのですが、

 

  1. 鵤工舎の四つのクラス
  2. 不揃いの弟子の複式学級
  3. 棟梁に必要な四つの力
  4. よけいな知恵を捨てて、まっさらな心に
  5. 個室、個食がいかん
  6. 不揃いのものを組み上げる
  7. 三十歳前にどっぷりと仕事に浸れ
  8. 大工に適した体をつくる
  9. 職人にカリキュラムはない
  10. ゆっくり時間をかけることの弊害

 

こういう目次になっていてこれから職人の修行をしたい見習いになろうと

お考えの方にはぜひともお勧めです。

考えが古いんじゃい!ッて思うかもしれませんが

大切なことがたくさん書かれています。

また読み返そっと。

 

 

 

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

6 Responses to “女職人のバイブルは法隆寺の西岡棟梁と鵤工舎の小川三夫さんの本”

  1. […] ちなみに本については⇒ 女職人のバイブル として記載しています […]

  2. […] 【参考記事】女職人のバイブルは法隆寺の西岡棟梁と鵤工舎の小川三夫さんの本 […]

コメントを残す

このページの先頭へ