個人医院の下駄箱のオーダー製作相談より職人引退ドラマ妄想!?




私は病院のオーダー家具の製作もしています。

特に流し台や吊棚、受付カウンターにカルテ棚

検尿ボックスや下駄箱などですね。

ゼネコンや設計事務所の依頼が主でしたが

今は個人になったので個人医院の方からも

直接ご相談をお受けします。

今回頂いている相談は下駄箱なのですが

やり取りの中で気になった点がありました。

 

材料を専門的に指定をしている部分です。

個人医院

素材にこだわっているというよりは

この素材じゃないとダメと思っているのでは?

ということが汲み取れたのです。

そしてやり取りをしている中で

私が別の素材を提案し返事をしました。

その返信の中に

材質的にはホルムアルデヒドの散布量の少ない
建築基準法をクリアしたF☆☆☆☆のものになります。
であれば、当院の基準に準じておりますので検討させていただきます。
今までは、開設以来お世話になった大工さんの作り付け家具でしたが、
オーダー家具は、高級のイメージで町医者の私共には縁がないものでした
このたび大工さんが高齢の為、お仕事をお願いできないこととなり、私が
DIYで作成とも思いましたが、あまりの多忙の為、設計図まで至らない状態です。
イメージは古びた桜材のフローリングの待合に適合するものであれば、と
考えております。

と言った内容でやはり思った通りと感じました。

親しい大工さんとの信頼関係で

プロとしておまかせをしているということです。

とても素晴らしい関係が浮かんで

引退でお願いできなくなり

DIYでも…とか考えていたのだなあ、、、

文面を読んで胸が熱くなりました。

勝手に妄想(笑)

 

ですが大工さんと家具屋は使う材料が違いますので

予算とコンセプトに合う材料の選択はもっとあるので

提案させていただきました。

※大工さんが提案している材質で制作するとなると

 かなり手間の面でも高価な家具になるために

 こちらでも良いのであれば…

 という理由も説明をしました。

 

次に感じたことが

オーダー家具は、高級のイメージで町医者の私共には縁がないもの

っとオーダー家具は敷居が高いと思っていたことです。

※実際は設計事務所や工務店を通してオーダーのほうが多いです。

全然、、、敷居高くないです。

きっとイメージかと思いますが

既成品ではないもので品質の良い物は

オーダーのほうが費用対効果はあります。

 

敷居が高いと思われる、そんな中、検索していただき

今まで信頼していた大工さんが描いた図面をみながら

ここに製作を頼んでみようと思っていただいたこと、

お問い合わせくださったこと嬉しいです。

 

ちなみに予定では本体の製作はこちらで作り

取り付けはその高齢で引退される大工さんがされるようです。

なんか、、、、、、そういう仕事に

携わることができると想像したら嬉しい\(^o^)/

ちょっとした引退?!ドラマです。

も、妄想ばっかりでスイマセン^^;

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ