家具職人の求人で未経験でも採用されるために心がける3つのこと




家具職人の求人をお探しの方でどうしても未経験というのは

採用されにくいご時世となりました。

しかし…それではいつまで経っても未経験者は未経験者のまま…

家具職人になるには職業訓練校に行くしか手段がないのかと言ったら

あながちそうではありません。

 

未経験でも木工職人として

採用されるために心がける3つのこと

についてお話します。

家具職人 求人

1.素直になる

これは学びを得るのに一番大事なポイントです。

結局、家具職人の経験者であっても、

プライドむき出しの素直じゃない人は

扱いにくいのが現実。

 

無理に背伸びするよりも、もっと

貪欲に吸収するという意思を持つことと

怒られてもふてくされない

こういう人のほうが成長しやすく

雇う側としても使いやすい人材で

しごきやすいので 笑

一見、指導時の言葉は荒くても可愛がられます。

 

なので家具製作が未経験であっても

素直に修得する意思を見せましょう。

この素直というのは簡単そうで

実は簡単ではありません。

 

※面接時に取り繕ってもそういう面は見ぬかれますのでご注意位を。

 

2.自分の意志を捨てる

自分はこういう家具を作りたい

こういう木工職人になりたいという

理想はあるかもしれません。

 

しかし、木工所にとっては

会社の仕事をこなしてくれるか

ということが重要視されますので

こういう職人になりたいという意思は

一旦捨ててしまい愚直に学ぶことを

意識しましょう。

 

※面接時に理想像があったほうが

前向きそうでいいと考えがちですが

『いつか辞める』であろう人材を

雇うことはありません。

 

3.他の欲を捨てる

まずは木工技術を修得することに

専念する意思を見せる

 

娯楽重要視で土日は休みたい

定時で帰りたい

 

などという意識では無理です。

まずは未経験者が一人前になるまでは

他の欲を捨てる覚悟を持ちましょう。

ちなみに私が尊敬する 鵤工舎の創立者の

小川三夫さんは、法隆寺の西岡棟梁のもとで

弟子入りしていた時は、新聞、テレビを

一切見なかったそうです。

 

私もその本を読んでテレビを見なくなりました。

今は独立していますので作るだけでは成り立たないため

マーケティングの関係で情報収集はしています。

 

————————————-

◯まとめ◯

未経験でも木工職人として

採用されるために心がける3つのこと

1.素直になる 

2.自分の意志を捨てる 

3.他の欲を捨てる

 ————————————-

 

関連記事

⇒ 家具職人になるには?カテゴリ一覧



ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ