日本製と言う安全性だけを信じるのではなく品質を見極めるのも大事




消しゴムを貰いました

20140324-144305.jpg

日本製を商品価値として強調。

お子様の使うものなので安心できるものを

使わせたい人には響きます。

ただ、日本製だけで価値は感じますが

すべて安心とは、言えない世の中

食品偽造なども含め、国内でも国外でも

作る人、販売する人の姿勢が大事だと思います

逆に消費者も、この破格値で本当にいいものなのかを

見極める知識も必要ですね。

いいものの品質、それなりの品質を

値段だけで分別するのではなく…

カローラにベンツの品質を、求めても無理です。

100円のハサミに美容師さん用のハサミを求めても無理。

これは国産、外国産関係無しに

価値と対価を知る必要があります(*^^*)

 

 

日本だから安心・いいものというだけではないということですね

作り手としては皆さんいいものを作りたいはず

しかし予算とか色んな縛りで品質を落とさないといけないことも

日本でもあります。

 

特にモノづくりを知らない商社が間に入ると

無理難題をいってきます。答えようと思って最大限の努力はします

これでは品質的に良くないよと理由も説明します。しかしながら、

歩み寄ってもらえないのでこちらだけが品質妥協することも。

 

その商品をいかにも高級品のように見せかけて安く売るんだから

クレームが来ることもあるでしょう。

それを作り手のせいにすることも平気。

 

いやいや最初から言ったじゃないですかと言っても

聞く耳を持たない商社。

 

そういうことが嫌で卸はやめました。

自分たちで納得の行く売り方をしたいと。

良くないものを好んで作る職人はいません。

 

食品工場に勤めている人が
それを食べたくないというのはおかしな話ですよね…。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ