情けは人の為ならず!イノシシの恩返しは仕事で!?




『返報性の法則』

おはようございます。
昨日は初めてのお宅に招かれて
自然の恩恵を受けて来ました。

猟師さんからイノシシの
牙を見せていただきましたが
すごいです…。

希少な部位も出していただき、
一緒に参加していた
マラソン大会に出る方数名と共に
スタミナつけました。
20140420-080810.jpg
普段からご近所さんに
おもてなしされてばかりなので
私も何かお返ししなきゃと
いつも考えています。

こうやって返報性の法則
人と人は深くつながるのですね。
(したたかとは、違います。)

してもらってばかりで
当たり前の人間にならないよう
自分も人に与えていきたいです。

その人のためになるだけでなく、
直接相手から返ってこなくても
巡り巡って自分に返ってくる。

これが、情けは人の為ならず

の意味と知った時から、
まさに自分が思ってること‼︎
と共感してから好きな言葉です。

情けは人の為ならずって、
同情したらその人の為にならない
と言う意味と勘違いしてました^^;

 

家具作りもしっかりやっていきます。

なんというんだろう…

下請けの時は使う人のことを考えるというより先に

商社とかゼネコンとかそういうところ(それもお客様だけど)

の要望を満たさないといけなくて、

予算や納期に追われていましたが

それを満たしても結局もっと安く出来るところに

仕事がいってしまうということも当然経験しました。

 

 

直接お客様に販売するようになり

予算や納期だけではなく使い手さんが満足するかと

いうことを考えるようになれました。

そしてその満足度がまた人を呼び寄せてくれます。

家具は食べ物と違いリピートが多くあるものではないので

直接ではなくても口コミにより返ってくるものがたくさんです。

⇒ 女職人のプライベート日記一覧

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ