見積もり価格の値引き交渉の疑問




私は業者間のオーダー家具の見積もりについて以前から疑問に思うことがあります。

見積もり価格の値引き交渉の疑問


木工所の会社員だった頃、下請け仕事をしていた時にも元請けから見積もり依頼が来て、会社の設計士兼現場監督が元請けと打ち合わせをし、見積価格を出してやり取りをしていたけども必ず価格の最後に

見積り価格+値引き

という感じで書いてありました。その現場監督いわく『どうせ値引きしろといわれるので見積もりをした実質価格と値引き枠を設けていると。』

利益上乗せ見積もりではなく、ギリギリで見積もりしているのにさらに値引きをいわれることもありました。

う~~~んん。

いや、値引き枠はわからなくもないし、値引きされた感がある方が頼む方も気持ちが良いのは確か。でもそういったことでも

『もっと安くならないのか?』

ってなるし、そうなると値引きして当たり前になるので次からもずっと値引きをしないといけないような関係性になってしまう。

そもそも見積価格に値引きをしないといけない分を上乗せしてあたかも値引きしているように見せることもできるし、値引きをいわれなければ儲かってラッキーとなるわけで。

う~~~んん。

こういう駆け引きとかで成り立つ関係がどうしてもいやで。私は見積もりをする時に最初から値段をハッキリ出すようにしています。

自分の取引先の業者様や個人のお客様の場合はそれでストレートに交渉が成立するけども、新規の業者間の問い合わせになると

『見積価格は見たけど実際いくらに下がりますか?』

とやはり業界特有の当たり前の値引きをいわれることがあり、私はそこで

『その仕様の場合ですと見積り価格そのままになります』

と答えると、どうもせこいように思われますが、そう思われる人はそう思っていただいて取引をしません。理由としては、

駆け引きして儲かった、値引きさせたった、と言ったしたたかな関係性はいやなのです。根拠のない値引き強要で苦しんでいた会社員時代の社長を見ていたので私自身はそこは譲らないようにしています。

見積もり仕様を変えずに値引きをしろということは労働力や技術力という生産者の人権を無視ということなので…。

値引き交渉をする場合

頂いた仕様で適正に見積もりしているので、そこから安くしたい場合には、仕様を変えるとか、材料を変えるとかそういう変化があると下げることはできます。

予算が合わない、だからこうしよう

こういう折衝は受けますし、安く作れる方法も考えますが、最初から見積もりに関して値引き枠がある上乗せ見積もりといった悪習慣は導入していないのです。

依頼者…どうせ利益上乗せしてるんだろう?

生産者…どうせ値引きされるだろうから…

といった最初から疑いかかったやり取りで

・値引きをさせた!
・値引きをいわれなかったので儲かった!

こういうお互いの強弱関係が出てしまう、したたかなやり方で仕事をしても気持ち良いものではありません。業界でそういう習慣があったとしても私はストレートに行きます。もちろん仕事なので持続するためにちゃんと利益を乗せています。

安くしたい場合には安くする方法を考える。

という値引きが正当だと思いますので私自身も人に依頼をする場合に、適性で見積もりを出していただきそこから考えます。そのため良い関係が続き良い取引が長く続いています。

仕事でもプライベートでもしたたかな強弱関係があるとどこかにわだかまりがあり長続きしないし、いつか揉めたりしますし、なにより気持ちが良いものではありません。

中にはいきなり初対面にかかわらず開口一番『他より安くして』といわれることもありますが『私は他社の価格は知りませんがウチでできる価格で見積もりします』と最初に言います。そこで合わないのであれば、合う方法を考えて提案したりします。

家電量販店みたいに他店より安くしますといった安売り合戦商法ではありませんので…。

逆に私の方から材料代や送料が上がった際に、値段が合わないのであげてもらえませんか?とお願いをして受け入れていただくありがたい取引先もあり本当に救われています。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ