オーダー家具職人の仕事はイメージが違えど面白い




花咲舞が黙ってない というドラマが
先日GyaO!で無料配信しているのをみて
この印鑑収納ボックスを作ったことを
思い出しました。

ハンコ収納

ブログ記事 銀行工員さんの鍵付き印鑑収納

———————–

自分の作品を作って

展示会を開いて…

といった家具作家さんとは違い

 

私は依頼されたものを作る

オーダー家具職人なので

自分の発想だけではない

面白い仕事が時折入ります。

上記のブログに載せた

銀行員さんの印鑑収納もですが

 

めったに体験することのない

刑務所の囚人の部屋の棚の製作

そして取付けのために刑務所にも入りました。

女性用の刑務所の下駄箱も作ったことあります。

 

家具職人にも色んな種類がありまして

私のように現場に行って取り付けをする建築系と

クラフト作家系や店舗販売系など

分けたらきりがないけどたくさんあります

 

一般的なイメージだと

クラフト作家的なイメージが多く

そしてDIYに興味があるという方も多いですね。

私は一般的な家具職人のイメージとは

擦れているのは承知ですが

オーダー家具職人の仕事は面白いし

やりがい感じてやっています。

 

明日からはまた保育園のロッカー製作と

個人宅の収納ベットの製作です。

合間合間に記事も投稿するので

ブログもよろしくお願いします♪

 

 

P.S

自作棚板をDIYする際のホームセンター活用術

もご覧ください。
記事にいいねをしていただけると励みになります。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ