大阪出張で木工所探訪と求人紹介&田舎で仕事が無い悩みについて




昨日は夜中未明から車で鳥取を出て

5時半に関空に着きそれから大阪市内に移動をし

出張に来たからにはと予定を詰め込みました。

待ち時間も惜しいので読書タイム。

孤高の人

この待ち合わせをしたファミレスは

大阪で家具職人をしていた時に、

見習い入門として作った、洗面台があるので

様子を見ようと思いましたが10年以上前で改装されてました。

家具職人に興味があり求職中の方とのお話

メールマガジンの読者さんとお会いし、前もって家具職人としてのお仕事を探されていることを知っていたので色々お話する中で、

木工の求人ってハローワークでは年齢制限や諸々あるようでなくて、ないようであるので…そういった面も踏まえて、理想の仕事と現実の仕事と、現実の中からどうやって理想を自分で築くかといった視点からのお話をした上で知人の大阪の木工所を紹介することに。

このようにお会いしてお話してご縁があると非常に良いなと思います。仕事をしてきて思うのは何かを掴む時って一歩必要だと。今はネットの時代ですから情報は沢山あります。ですが見ているだけでは見えないことや獲れない情報が沢山あり、問い合わせるとか会ってみるとかそういうことから広がることってありますよね。

よくセミナーとか何かに参加したら何かを売りつけられるのではないかとか思って警戒することもあると思いますが、信用できるかどうかの判断は普段からのその人の行動や発言を見て違和感なく共感できるとかだと思いますので、私自身も信頼できそうと思えば行動するようにしています。

っと話は戻りまして…

大阪の木工所2件探訪

私が大阪で依頼している木工所2件訪ねてきて、これからの仕事の打ち合わせや今のお仕事の様子などを見てきました。いまは、どこかの物件の下駄箱を作っているようでした

木工所

続いて2件目の木工所。こちらは親子でされていて、丁寧に仕事をされる方で私が図面でポカミスをしていることもフィルタにかけて確認をしてくださるありがたい職人さんです。素面だけの独りの眼だと思いこみや勘違いが生じることもあり、図面だけでは気がつかない加工する際の注意点なども色々話ができるので信頼しています。

木工所

一人でなんでも出来る気になっていてはいけないし、オーダー家具という特性上お客様の絶対的なこだわりがあるので、同じものを作るということがないので神経をつかうのですが、時折慣れが出ると思い込みで失敗につながるのです。それを回避するのに皆の経験を持ち寄りフィルタにかけて良い仕事ができるので私一人では出来ないことも皆さんに助けられています。

これって家具の仕事だけではなく、なんでもそうですが経験を積むと思い込みとか出てくるしワンマンだと間違いに気がつかないまま突き進んでしまうこともあります。孤高の人の加藤文太郎さんのように単独行動でいろんな経験を重ねつつたくましくかっこ良くなりたいですし、人との関わりも大事にしたいです。

次に田舎で仕事が無いという悩みについて

田舎では仕事が無いは本当?

私は田舎暮らしのことも配信しているので、田舎暮らしをしたいけど仕事がなくてという相談をお受けしますが、仕事が無いというのはきっと自分の思うような求人がないとか給料が少ないとかそういう視点なんだと思うので、そういう雇用条件をみたすものを雇われる側として探す場合には田舎に無いと思うのは正しいですが、仕事を選ばず自分で出来ることを増やして自分で可能性を広げていって創造できるのであれば田舎でも仕事はあると考えています。

この意味って色々あるのですが理想の仕事とか好きな仕事って雇われているだけではすべて満たすことって難しいです。雇用されながらもその中で出来ることを増やし与えられていることだけをするのではなく、自分から生み出して提案できる側になるとか、独立するとかそういうふうに自分で開拓して築き上げる上で、周囲やお客様との信頼関係も絡んできて、、、といって膨らんでくるものだと思います。

仕事の内容だけを見る、雇用条件だけを見る、そこだけで仕事が無いという判断をするのではなく、そうしながらもこの先自分に何が出来るか?とプラスの視点を持つと良いと思います。

いや、田舎で仕事が無いとか好きなことを仕事にしたいとかの話はこんな簡潔には終われないのですが、、、長くなるのでまた縁があれば書きます^^;

大阪出張ついでに実家に帰れた!

未明に出て仕事詰め込んでいるし、帰ってまとめたい仕事もあるし、頭が仕事脳だったので時間的にも体力的にも実家に帰る時間がないから、寄らずにそそくさと帰ろうと思っていましたが、休憩兼ねて実家に帰ることにしました。今までの私だったらあまり寄らずにシャーっと帰っていましたが、帰れてよかった。父の仏壇にも線香をあげました。

 

そして母からの手土産!

母の土産

トイレットペーパーとティッシュと乾麺。ありがたいです。里帰りした時に母やおばあちゃんってやっぱりこういう必要なもので実用的なものをくれますよね。助かりました♪

少し休んで、運転を再開し、途中で眠たくならないように加西パーキングエリアでソフトクリームをたべたら偏頭痛気味だった気分も落ち着きました。夏の木工所は暑くて汗だくになるので昼間の木工所探訪で熱中症注意がじわじわ来ていたんだなと。

北海道ソフト

また田舎で引きこもって、できる仕事は何でも意欲的にやっていこうと思います。よっぽどの無駄なことはしませんが趣味でも仕事でも結局は自分の将来やりたいことにつなげるために意識しています。立ちっぱなしの体力仕事は仕事時間を活用しながらマラソンのトレーニングにもなるしとか、山歩きは仕事のアイデア整理や発見の時間になるとか。自分の中でこじつけも含めてリンクさせています(笑)

ただ楽しいだけ、ただお金のためだけ、ただストレスを発散したいだけといった消費的な時間の使い方はもったいないので経験を未来に活かしたいです。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “大阪出張で木工所探訪と求人紹介&田舎で仕事が無い悩みについて”

コメントを残す

このページの先頭へ