3か月の職人養成学校「リノベーションカレッジ」とは?開校日程は?




インテリックスさんという中古マンションのリノベーションの設計や施工を行うグループ会社のインテリックス空間設計さんで、職人不足を解消するために、短期間で大工仕事、水道工事、電気工事などの専門技術を学べる職人養成学校を開校するようです。

3か月の職人養成学校「リノベーションカレッジ」とは?

リノベーションカレッジ

冒頭にも記載しましたが、マルチリノベーターという位置づけで、リノベーションのノウハウのマニュアル(大工・電気・水道などの工事技術)をプログラム化して3か月の基礎コースで必要なことを効率よく学ぶ学校です。

若者や女性の雇用を増やすことも目的としているようで3か月の基礎コースが終わった後、希望者のみ現場での実地研修も行い、その研修後に入社採用試験を受け合格したらインテリックス空間設計に入社して現場で働く、もしくは協力会社への就職紹介があるというものです。

職人養成学校「リノベーションカレッジ」の受講費用や日程は?

気になる費用や受講日程ですが、

基礎コースは入学金を含む45万円

願書受け付けは3月10日まで(3月4日まで土曜日14時から16時に説明会あり)

募集人数10名

開校日4月10日

のようですので気になる方は説明会に行ってみても良いですね。

ただ、家具をじっくり作りたい、家をじっくり作りたい、納得いくまで技術を身に着けたいといった方には向いていないと思います。効率よくスピーディーに3か月でマスターするマルチ職人なのである程度決まった工法で短納期の基礎仕事を習得するのではないかと思います。

その後、本格的にやってみたいと思う方は現場現場で違ったリノベーションを体験していき技術が身につくといった感じでしょうか。

こういった現場の職人さんは本当に不足しているので就職には有利と思いますが、家具職人として工房を持ちたいという方は、仕事の習得するべき内容も違うし、いずれ退社するということも決まっているわけですので、迷惑にもなりますからやめておいた方が良いです。

建築現場の中古住宅のリノベーションに興味がある方は就職のための技術習得には良いでしょう。ただ、3か月で一連の流れをマスターしてもいきなりプロのリノベーター?!になれるというわけではなく現場によってサイズもトラブルも違ってきますし実践に実践を重ねる必要がありますので受講費45万円をきっかけとして今後に活かせると良いですね。

理想の仕事かどうかは個人の価値観です。このブログにお越しの家具職人になりたい方は違ってくると思うので、説明会でイメージを確認する方が得策です。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “3か月の職人養成学校「リノベーションカレッジ」とは?開校日程は?”

  1. […] 3か月の職人養成学校「リノベーションカレッジ」とは?開校日程は? […]

コメントを残す

このページの先頭へ