理想のモノづくり仕事と現実の狭間で焦らない




今日は少〜し海が見えるカフェにて
無垢材を使った製品を開発されてる方が
わざわざお越しくださいまして
良いお話が出来ました。

海辺のカフェ

ワタクシはお客様の要望に沿ったオーダー収納の
製作を現状メインとしているために
現状では直接お仕事につながりませんが
良いお付き合いが続くと嬉しいです。

モノづくりは理想と現実の狭間で
悩みに悩んで開発したり色んな過程がありますが
続けていくことで何かしらの答えが得れるので
諦めずに続けて行こうと思います。

実際、他の企業様との開発でも
現状試行錯誤してまして
時間を要しているのに…ありがたいことに

『待ちます!!待ちます!!
私の作りたいものの感性を
岡本はとてもご理解いただけていると思っています。

ただ、実際のモノづくりとなると
思うように行かない経験が多く・・・

どうしても「転ばぬ先の杖」的になってしまいます。
岡本さん!!
絶対、世の中に送り出し問うてみましょうね!!
我々の感性やイズムやアイデンティティを込めて。』

とのメッセージをいただき
オーダー収納製作と同時進行で
なんとか励んでいます。どちらも好きな仕事。

ただ食べていくことだけを考えると難しいことも

しかし思うだけで何もやらないよりは
実際に動いて何かの答えを出してみる。
これを繰り返すことでいろんなことが
形になると思います。

夢や理想、そして現実と妥協。
この狭間で諦めたくないので
早く答えを求め焦って結局辞めるのではなく

続けていける基盤も作ります。下町ロケットも夢と現実の同時進行。

それをともにできる
ともに目指す人がいることが力です。

理想ばっか言ってとばかにされることもありますが

それも正論だと思うけど往生際悪く続けます。

あとリアルな友達に共感者がいないので

一人で一喜一憂して抑えきれないことはブログに書いています^^;

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ