池井戸潤の空飛ぶタイヤを読んだ感想やはり仕事は人力だなと

先日読んだ池井戸潤さんの空飛ぶタイヤ。数年前に話題になり、今更感を感じるかもしれませんが、その通り、今更ながら見ました。

池井戸潤の空飛ぶタイヤを読んだ感想やはり仕事は人力だなと

ネタバレになるのであまり書かないけども、中小企業が大手企業や銀行の圧力により苦境を迎えるというものだけども、中小企業の社長が大手の組織のパワーに操られる人間たちと正義のために戦うストーリー。

裁判なども含め下町ロケットの時と似たようなところがありますが、やはり仕事というのは内容もだけども

  • 誰と仕事をするか
  • 誰のために仕事をしているか
  • 何が大事で仕事をしているか

という部分を強く持つからこそ、底力が出るし、助けてくれる人も出てくるんだなと思います。自分の欲だけで仕事をするとか自分の評価や地位のために仕事をするといったやり方は共感できません。組織に入っていないからかもしれませんが、やっぱり、曲げたくないものは曲げたくない。

組織の中にいる銀行マン、車のメーカーのカスタマー係。この二人は幸いなことに組織の人間でありつつもパートナー「彼女」のアドバイスにより組織に染められそうになりつつも大事なものを取り戻したことが良かった。

実際は流されてしまう人のほうが多いとは思いますが小説なのでね。

そして、運送会社の社長、その社員の愛が素晴らしい。私も倒産した木工所の社長と共に最後までやってきた。私だけ仕事を見つけて辞めるなんてことは考えてもなかった。最後の最後まで戦った自負はある。だからこそ再スタートする際にも志を忘れずにやってきた。

自分の無力さに打ちのめされたりする日もあるけども、私は自分がこんな仕事だけがしたいとか遊ぶためにお金が欲しいという欲望だけではなく誰と何のためにどんなことをするか、だれのためになるか、相手は喜んでくれるか?という部分が原動力。だから今回の空飛ぶタイヤもフィクションであっても好き。

物語の中でも、言い方を変えますが、車メーカーの営業マンの彼女が、会社の社員を守るために不正を隠すのではなく、会社にとって大事なのはお客さんじゃないの?嘘を取り繕ってもいつかは壊れるよ てきなことを言ってるところが良きアドバイスだと思った。

(でも彼は一度、会社のない告発の準備がばれて、それを阻止するために、自分のしたい仕事の部署に移動しないかという話で寝返るんですけどね…それもわからなくもないけど。)

そんなこんなで男性社会の組織を感じながら読み終えた後も、あらためて、組織に縛られないマンパワーが向いているなと思いました。田舎に住んでても思うけども、やっぱり私の性格上、組織に属すと色んなしがらみがあるので程よい距離が一番トラブルとストレスがなく、自己責任で仕事ができるなと感じています。

今ちょっと仕事以外でも守るべきことがたくさんあり、守る強さを持つためには仕事にも集中しないといけないのでまっとうに励みます。やっぱり仕事だけでなく生きる原動力は人ですね。

空飛ぶタイヤ [ 池井戸潤 ]

もちろん下町ロケットもおすすめ…

下町ロケット [ 池井戸潤 ]

ドラマでは正義が勝ちますが実社会では泣き寝入りしたり諦めていることいっぱいあるんでしょうね、、、だからこそ、さらにこういう大切なものを見失わないためのストーリーが励みになるのだと感じます。環境が人格を形成するので立場によってとらえ方も違うんだろうなあ

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ