スノコベッドのキャスター付き収納2段ベッドをオーダー製作しました




先日、スノコのキャスター付き収納2段ベッドを

オーダーいただき、製作しました。

お客様のご要望は引き出しタイプで

2段目のベッドが隠れてしまう仕様が良いとのことと

ヘッドボードはパネルを希望されました。

動画をどうぞ

オーダー家具は自分の作品を見せるのではなくオーダーしたいご要望に対してそれを形にするのが仕事で自分の好きな家具を作って展示する、ものを見て選んでもらう家具創作家とは違い、毎回毎回お客様の望みが形になったのか、納品まで緊張感があります。仕様や材料や寸法も毎回毎回変わりますので図面も最初から引きますし、お客様に材料やカラーを選んでいただきます

今回納品後に、お客様から

『要望を取り入れていただき満足しています』

とメッセージを頂き、

これでやっと安堵感や

仕事が終わった達成感が産まれます。

 

美容師さんがお客様の望むヘアスタイルで

髪の毛をきったあと、鏡を見たときに

ありがとうといってもらえるかどうかの

毎回の緊張感にも通じることかもしれません。

 

相手の望むことを形にする仕事は

自分の趣味嗜好を置いておいて

アドバイス的な立場をする位置で

こんなのはダメだと拒否をすることは無いです。

理想に近いものにしあげるための

セッションが必要なので

意外と自我が強い芸術家だと

トラブルになることもありますね。

 

知人が家を建てたときに

袈裟を来てひげを生やした個性の強い

設計デザイナーの言うことを聞くしか無くて

思うようなお風呂や洗面台にならなかったと

悩んでいたことがあります。

見た目重視で使い勝手の悪い水回り。

 

それは、自分の作品を作っているに過ぎず

住む人のことを考えていないですね。

わたしはその言葉を聞いてからも

改めてオーダー家具の受注をするときは

お客様の声をまず聞いて

強度や材料をこうした方が良いと言う

アドバイスをしていくことが大事だと

認識しました。

 

ですから依頼内容によっては

自分が好みではない家具も作るし

好きではない色の家具も作ります。

わたしがオレンジが好きなように

お客様も好みの色はありますよね。

 

ただ、強度的なもので無理なものは

しっかりと説明をしますよ^^

オーダーベッドもかなり強度には注意しました。

既製品には無い安定感を出すことで

ストレスの無い睡眠を取っていただきたいからです。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “スノコベッドのキャスター付き収納2段ベッドをオーダー製作しました”

コメントを残す

このページの先頭へ