職業訓練校の木工科は家具職人見習い?修行?

家具職人になるにはと考えた時に

浮かぶのは家具工房に修行に行く、木工所で見習いをするなど

誰かに学ぶことですが、職業訓練校の木工科を受講する選択もあります

職業訓練校は効率の訓練校で主に就職や転職をすることを目的にしていますので

雇用保険がもらえる方は雇用保険を受給しながら学べるということで

木工業界に転職される方にはいい制度でもあります。

ただ前にも書きましたが、雇用保険目当ての方もいるので

職業訓練校の倍率は高く、入校できるかどうか自体も厳しく

落ちてしまうと1年もしくは2年待機することになります。

私自身、職業訓練校といいますか高等技術専門校出身です。

(失業保険もなく土日バイトで食いしのぎましたが…)

 

インテリアコーディネーターの勉強をしている時に

知り合った人が塗装科を卒業していて、木工科があるよと

教えてくれたことがきっかけで存在を知りました。

 

それまでは民間の木工所に飛び込みで見習いさせてくださいと

懇願しまくっていました 笑

でも、未経験で女性の家具職人志願者は相手にしてもらえず門前払い。

訓練校の木工科の存在を知った私はもちろんすぐに電話して見学しました

 

 

その時にも、先生に

『女は無理や仕事が無い、結婚したら辞めるから仕事の紹介もできない』

と言われ、

『そのひょろひょろした体型はアカン、ピアスもアカン、染めた髪もアカン』

とまで言われ…

先生は諦めさせるためにそういったんだと思いますが、

私は髪を切りピアスも外してもう一回訪ねたんです 笑

 

そしたら職業訓練校の入学試験がいついつにあると教えてくれたので

職員室にいって願書などをもらいましたが

『試験に来ても無駄やで』

と言われたんです。

 

普通の訓練校ではこんなことはないと思いますがその先生は、公務員というより

職人の師匠みたいな感じでしたので、私は食らいついてやろうと思いました。

その師匠はもう退職しているし10年以上も前の話ということと

訓練校によっては全く違うと思うので参考にはならないと思いますが

訓練校で木工を学んだことを書いてみようと思います。

職業訓練校

私が学んだ職業訓練校は見習いというよりは修行でした。

師匠に教えてもらった、宮大工の西岡棟梁と弟子の小川三夫さんの本を見ては

私も諦めない、今は修行だとよく言い聞かせましたね…。

あの本に出会って支えられました。

 

ちなみに本については⇒ 女職人のバイブル として記載しています

 

 

家具職人になるにはと職業訓練校の木工科に通うなら。

⇒ 1.家具職人になるには職業訓練校の木工科も道の一つ

⇒ 2.職業訓練校の木工科は見習い?修行?

⇒ 3.家具職人を目指して職業訓練校の木工科を受験するには?


ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)


ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ >
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑


家具職人のメルマガでしか言えないお話

このページの先頭へ