家具職人を目指して職業訓練校の木工科を受験するには?

家具職人になるには?と悩んだら

家具を作る専門学校?って何?

家具デザインの専門学校?

デザイン系の大学…?

 

いや、家具のデザインと職人は違います。

家具を作りたい、家具職人になりたいと思ったら

技術を学ぶ施設の一つに職業訓練校があります。

高等技術専門校と言われるところや国の指定する施設が

全国にあります(近年減少中…)

 

家具職人になりたいから職業訓練校に行こう

 

まず、私が取った行動になりますが

職業訓練校に見学に行き、指導員と話をして

職員室で願書をもらいました。

そう、だれでも入学できるわけではなく試験があるのです。

中卒の15歳の若い人から大人まで、訓練校の試験を受けます。

 

職業訓練校の木工科の入校試験は筆記と面接

私が高等技術専門校を受験した時には年に一度、

一般常識の試験(国語・数学)の筆記試験があり

そのあとに指導員との面接がありました。

mensetu

 

すでに見学を終えて指導員に『来るな』と言われてた私の姿を見て

指導員は呆れたのか、喜んだのか微妙な表情で笑われまして

質問も少ししかされず終了。

職業訓練校の木工科は、当時から倍率もすごく高く

合格するかドキドキしていました。

一般常識の試験もなんとなくは答えれましたが

サラリーマンとして働き、そういう勉強から離れていたため

自信はなかったのですがなんとなく回答できた感じ。

 

それで職業訓練校の木工科の入校試験は終了です

 

今は受験結果はネットで見れる大学や高校などありますが

当時は貼りだしでした。合格発表時に学校に出向きます。

ドキドキしました…。

 

合格発表を見て合格していたら職業訓練校の入校手続き

 

来るなと言われながらも無事に合格していた私は、後で教えてもらいましたが

筆記試験で成績が一番だったそうで、落とす理由もなかったと 笑

頭はいい方ではないのですがきっと事前勉強の要領が良かったのでしょう^^;

 

授業にかかる費用、道具代などを支払いましたが

いくら払ったか記憶にありません…。

仕事もなく、お金もなかったので必死でお金を出したことは覚えていますが

正確な数字を覚えていないです。どちらにせよ今とは違いますよね。

 

授業は1学期は午前中に木工基礎座学で昼から実習

教科書にそって木工の基礎を学びます。

道具の名前や材料の特徴や家具のアイソメ図や製図をしました。

そしてちゃーんと試験もありました。

中卒の人も同じ授業ですし作業も同じです。

時折遠足もあり、平等院鳳凰堂を見に行ったり、

木工科の展示会などに行きました。

 

ソフトボール大会や運動会など、学生に戻った気分で楽しかったです。

夏休みも普通にありまして、中卒の子どもたちは嬉しそうでしたね。

中卒の子供は理由があって高校進学しなかったというケースがほぼで

木工職人になりたいと思って通学している子は、1人でした。

お兄さんも中卒で訓練校出身で木工職人として工場長になり尊敬しているから

といってた金髪のヤンチャな子でした。可愛かったです^^

 

その他、仲良くなって本人聞いたら、学校の授業についていけなかったからとか

家庭の事情など様々な理由がある中でも大人と共に過ごすことによって

子供グループも大人グループも良い刺激と学びを得れたと思います。

基本的に皆、仲よかったです。

もちろん作業が進むに連れ挫折する人も…

 

次は実習編について記載しますね

 

家具職人になるにはと職業訓練校の木工科に通うなら。

⇒ 1.家具職人になるには職業訓練校の木工科も道の一つ

⇒ 2.職業訓練校の木工科は見習い?修行?

⇒ 3.家具職人を目指して職業訓練校の木工科を受験するには?

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

3 Responses to “家具職人を目指して職業訓練校の木工科を受験するには?”

コメントを残す

このページの先頭へ