家具職人は貧乏?!作ることに没頭する環境の必要性




朝から西宮のお客様のご自宅にいき

早く終わったので、そのまま西宮のカフェにて

仕事をしてました。

お客様用の楽しいサイトも骨組みだけ作り

これから書き足していきますが

好きなことを書くので楽しみです。

家具を作ることに没頭していた修業時代から

田舎に移住して、木工所のためでもあり

それは実は自分のためでもあり、

自分で売る力をつけないとまずい状態になり

イヤイヤながら覚えたネットのスキル。

今だにパソコンは好きでは無いですが

自分の言葉で直接全国に向けて配信し

賛否両論を受け止めつつ、やはり

ネットは自分で勉強して良かったと感じています。

雇われ職人は一応日当という給料があるので

入ってくる分で生活計画を立てれば良いのでお金の心配なく

与えられた仕事をこなして行くだけですが

独立している人はお金の事も考えないといけないし

人間関係も大事だし、色々考えることがありますね

修業時代は、極力作ることに没頭して、

基礎を身につけないと、いきなり独立して

生活に追われたら挫折してしまいます。

大金持ちなら話は別ですが^^;

私は木工所勤務で作ることだけをする時間は、

ある方が良いと思います。

安い給料でもスキルが身につくから

お金をいただくだけでありがたい。

その経験から独立とか考えた方が

ストレートですね。生活に追われる苦悩は

様々な集中力を奪います

 

最低限の生活の確保は必要です。

昔だと住み込みとかありましたが今はないので…

住み込みがある意味一番良いですよね

私は修業時代、バイトでやりくりして

資金的なことなどで思うような仕事が

できないこともありましたが

それはそれで自分の選んだ道で良かった反面、

心に全くゆとりは無かったし病院にも行けませんでした

修行時代や独立して同じ経験がある人は

わかると思います。

結果、良かったけど…出来るなら…と言う部分(笑)

他の欲より家具を作りたい気持ちが勝つ人は

修業中に挫折しないですね。

そんなこんなで。いまだ貧乏癖が抜けない私は

ジャージで京橋の立ち飲みやで

ランニング友達と語ってきます♪

背伸びするより楽しい仲間と楽しいお酒。

高級車より工具が欲しいタイプです。

だから貧乏的な生活を見せる番組から

出演依頼が来るのかな(笑)

実は二度三度お声がかかりました。

他の女性職人に失礼だから出ません^^;

 

 

と、ここまでiPhoneからメルマガに書いたのですが

実は待ち合わせ場所に来て…

京橋 まつい

先に着いた方が立ち飲みやで待つ約束でしたが

一人では入る根性がなく、カフェにまた入り

このブログを書いています

京橋 平野屋

ビール代、一杯損したなあ 笑

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

One Response to “家具職人は貧乏?!作ることに没頭する環境の必要性”

  1. […] ⇒ 家具職人は貧乏?作ることに没頭する環境の必要性</a> を併せてお読みください […]

コメントを残す

このページの先頭へ