甥っ子としまじろうのしょうぎをしてパイン材の将棋ベンチ案が浮かぶ




先日甥っ子に将棋をしようと言われ、初めて将棋をしたのですが、ルールを簡単に教えてもらい挑んだところ、、、結構頭使うと実感。結果は参りました(笑)

だけどもその間に家具のアイデアが浮かぶという…

甥っ子としまじろうのしょうぎをしてパイン材の将棋ベンチ案が浮かぶ

少し前にアミューズメント什器の下地のユニットボックスを大量に作り、メルクシパイン材のオチがたくさんあり、

もったいないね、テレビ台でも作ろうかな

等と話しをしていたのですが、

キッズベンチがいいかもなんて。

以前家具職人修業中に住んでいた大阪の某町の商店街にある将棋クラブでベンチに座っておじさんたちがいたのを思いだし…。その当時将棋には興味が無いから素通りだったけど、確かベンチで向かい合ってたような?など。

そう考えるとカードゲームやオセロ、トランプなどするときにも向かい合ってするベンチがありつつ、下にも収納機能があるとおもちゃ箱ベンチになりいいかもなんて。ただ、レザーを張ったりすると割高になるので、自分はメルクシパインの集成材のみでパーツを作り

購入されたかたは塗装とかクッションを用意するのは自由、、、みたいな。玄関先に置いたら靴箱ベンチにもなるし。ふむふむ。などと駆け巡り、空いた時間には材をみて寸法の計算をしようと思います。

もし作るとなると10台分くらいはあるはずなのでネットショップで限定販売しますので興味がある方はよろしくお願い申し上げます^^

ちなみに先日ホテルの下駄箱ベンチを納品した事例ではレザーは外注で製作し、レザーのオーダークッションはやはり値段がしました。でもオリジナルベンチとなると個人の価値観でここまでしてもよいのではないかなって思いますね。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ