家具職人の仕事は底辺?かわいそうな人…




今日家具とは関係ない仕事をしている知人が
某サイトで悪口書かれてるって
愚痴というか相談があったので

私は普段こういったものは全く覗かないのですが
ついでに家具のことも検索して見てみたら

元家具職人の無職の人が書いているものがあって

要約すると

家具業界なんてパチンコやタバコまみれ

高卒以下の底辺のやつや

パートのおばちゃんが適当にペーパー掛けて

中卒が塗装している

などといったこと。

何なんこの人、、、腹立つな~
と思いながら読んでたら
途中からまともな方が
意見してたのでちょっと救われました。

家具職人の仕事は底辺?かわいそうな人…

仕事に誇りが持てないって
すごく悲しいことですね。。。
書いている人が最初むかつきましたが
ちょっとかわいそうになりました。

自分に集まる仕事や人って
自分が選んでいる環境や思考次第なので
この方は、そういう環境だったから仕方ないんだろうけど

愚痴っぽい人は愚痴が心地よい人しか
集まらないので結局は同じ価値観の
ネガティブな人ばかり集まり良い結果が得られない
そういう典型を垣間見れて勉強になりました。。。

私は違う場所で行動して
良いお客様や施主様と良い仕事していきます。

60代職人

中卒でも高卒でもおばちゃんでも

仕事に誇り持っている人もいる。

社長の心構えが悪ければ社員も悪くなるし

逆に社長の心構えが良ければ悪い人は居心地が悪いので辞めていく。

そうだと思っています。

そして自分。自分次第で環境は変わります。

私は家具職人の仕事は底辺だなんて思ってないし

同じ単純作業でもそれを完ぺきにこなすことも

適材適所で輝く立派な仕事だと思います。

 

小川三男さんの不揃いの木を組むという書籍は

木も人も不揃いでいい、すべての働く人に響く本です。

不揃いの木を組む [ 小川三夫 ]

P.S

昨日ネットショップでご注文いただいた
お客様からメールを頂いたのですが
とても紳士的で、、、
選んでいただき本当に嬉しかったです。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑



家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ