東京のマンションの造作家具製作と見習い中からの仕事



最近、ご飯作りの手際なども良くなり、日々の料理をまともにしなかった私も母のお陰で料理の段取りが良くなってきたので少しは人をもてなせるように成るかも?なんて調子に乗っています。といっても母が食べるようなヘルシーで和食料理ですが…やはりやればできる(笑)

さて家具職人お仕事としての話題ですが見習い時を思い出す仕事…

東京のマンションの造作家具製作と見習い中からの仕事


現在、東京のマンションの造作家具の手伝いをしていますが、洗面台は家具職人見習い時に本当に何回も作りました。ブログでも何回も書いてると思う…。

なのでDIYでもできるようにとあっちのブログにも記載

⇒ DIYもできる洗面台の下台の作り方

昨日はこの洗面台の下台の扉と、下駄箱の扉を作っていたのですが、手がかり部分が全部テーパー加工(斜め加工)なので時間を要し、枚数があるので段取りを体になじませて順調な頃に帰らないといけない時間がやってきたという…。

ですから今日はこの続きかなっ。

新築マンションの需要と中古マンションのリフォーム

あと大阪のマンション工事もまだまだ忙しいみたいでホントマンションって賃貸・分譲どちらもまだまだ建つんですね将来人口も減るし中古マンションがたくさんできて恐ろしい…ってでも自分が不動産の営業しているときも思っていたのですが。

そういった中古マンションを介護住宅として単身の高齢者向けに改装して貸すというビジネスも今はあって、単身だからマンションが借りれない、介護住宅になっていないと暮らしづらいということを解消することができるのであれば需要はあるのかな?っと。

親が介護状態になってからいろんなことにも目が行くようになりましたがどんなサービスでも行政には限界もあるし制限もあるので、やはりお金は必要。老後を精神的に豊かに過ごすためには家族のサポートだけではなく、綺麗事抜きに金銭面でもちゃんとしておかないといけないと…と現実を感じております。

さあ今日も怪我しないようにいってきまーす。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ