アライグマの捕獲に荒らしたトウモロコシを




母の転院も無事に終わり、最終汽車で自宅に戻ると、庭にアライグマを捕獲する檻を置いてくれていました。

役場の方に相談した際に、全部貸し出しているから帰ってきたら置いておくのでといわれていたので順番が回ってきたようでありがたい

アライグマの捕獲に荒らしたトウモロコシを

明るくなった朝に、檻をアライグマが通りそうなところに設置。この時の餌を自ら(アライグマ)が裏の畑で食べたとうもろこしの輪切りに変更。

もちろん、自然と共存するアライグマには罪はないんだけど…捕獲して山に返す作業です。自分だけならいいんだけど借家だから家を管理する義務もありかつ近隣で困っているしなあ。綺麗事はいわないけど複雑。

立ち位置によってやはり違うなあっと感じる。農業に携わっていない人と携わっている人との自然(天候や動物や虫)との付き合い方が全く違うと田舎暮らしをして本当に思う。

都会も田舎も生活スタイルが違い見えるものが違う。仕事もそうだけど、都会の人に必要なこと、田舎暮らしの人に必要なことも違って。。。家の仕様も服も違う。老若男女でも違うし趣味嗜好でも違う。

自分は誰に向けて仕事をしているのか?この方は何をお求めなのか?をちゃんと考えないと必要ないところに自分が良いと思うものをアピールしても意味が無いこと。

ということで、、、話を戻し…

アライグマが何を求めているか?昨日食べたトウモロコシでしょうか?ということで餌にしてみました。

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ