怪我のその後…と売れない家具作家は職人ではなく趣味でしょ?




昨日怪我をしたブログ

>>> 職人仕事で機械の怪我に注意 してるのに自転車で怪我しました

をお知らせしましたが

お見舞いメールを頂いた読者様からいただきました。

ありがとうございますm(__)m

だんだん左半身が思うように動かなくなり

昨日家具の倉庫の重い扉を開き

閉めるときに力が入れれず

情けないことに人を呼びました^^;

身体が資本ですね。。。

最近は動画撮影を取り入れています。

今日はその撮影と編集をやってました

知人の家具ショップと工場をお応援しているので

そちらで裏方をやっています。

自分自身やりたいこともあるけど

また出版の話などがあり書けないことはないけれど

ひとつは断りました^^;

家具のことを集中してやりたいけど

色々依頼されると断れない性格で

もうちょっと一押されたらまた受けてしまいそう…。

ありがたいことではありますが

バランスよく自分の目標にも向かって行きたいと思います。

ただ実際、キレイ事ばかりでは成り立ちませんので

収入という面でもしっかり仕事をしていきます

理想のことをしても収入がないと

それは仕事ではなくて趣味ですよね。

よくあるのが奥様の収入でまかなっていて

好きな家具を作っているパターン。

最初こそ軌道に乗るまではそれでいいと思いますが

いつまでもそれでは、それは仕事ではなく

セミリタイアってかんじだと思います。

収入が足りない場合、プライド捨ててでも

自分で何とかしないといけないですよね。

知人にいたんです。好きな家具作って

何年も収入がない人で奥さんが収入を得ているから

自分は売れなくてもいいんだって。それで職人と言ってるのです。

それは夫婦のルールだからそれでいいですが

私からすると職人としては全然かっこよくありませんでした…。

そのために今まで貯金したお金を崩したのでもなく

配偶者の収入を当てにする。

それは職人じゃないと思います。

逆に言うと旦那さんのお金で

エステ三昧の主婦と同じですよね。

好きなことをさせてもらっている趣味ということです。

だって売れなくていいっていっちゃってるんだから…

家具作家・職人などという肩書をつけて

社会に馴染もうとしているかもしれませんが

現実問題は自分で生計を立てていないのだから

仕事ではないし趣味人と思います。

 

私自身も正直今は家具だけで食べて行けてないです。

だからプロフィールにも現在停止中と書いていますが

それは職人さんへの敬意です。本業でされている人を尊敬しています。

私は今はパートナーや若い人の仕事を開拓するために励んでいますが

自分自身もまだ夢を追います!

ブログへの直接感想と相談はこちら^^(秘密厳守)




ブログランキングで応援して下さいランキングが上がります^^↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
↑2個クリックしていただけると嬉しいです^^↑

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


家具職人のメルマガでしか言えないお話

コメントを残す

このページの先頭へ